緊急事態宣言でこれからどうなる!?マスコミの次の一手はもう決まっています...

今日とうとう安倍政権が各種の圧力に負けて、緊急事態宣言を発令しました...

 

正直、たびたびこのブログで書いてきましたが、この偶発的に発生した新型コロナウイルスをも使い、様々なことが行われました。株価の大暴落、企業業績の悪化、テレワークの推進により能力のない社員がばれてのリストラ、商業施設の長期休業、学校の長期閉鎖...

安倍首相はかねてからずっと緊急事態宣言の発令に関しては慎重でした。

しかし、各国がその国における非常事態・緊急事態宣言を出し、いよいよ感染者数の少ない日本を標的に始めました。この2週間くらい毎日毎日、マスコミの緊急事態宣言を出すべきだという世論操作圧力と安倍首相・官邸とのせめぎあいでしたね。

 

勤事態宣言を出すべきだ、対応が遅い、と毎日毎日、国民を不安を駆り立て、洗脳し利用し続けました...街頭インタビューではとうとうどうなるかも考えもしない市民までもが緊急事態宣言を出すべきだと言い始めました...

 

そして今日発令されました...

 

安倍首相・政府が緊急事態宣言の発令に慎重だったのには様々な理由があるでしょう。マスコミや野党は安倍首相の保身や政治的な理由があるとか好き勝手言ってましたが、一つの理由はそこにあると考えていいでしょう。

 

すなわち、マスコミは常に後出しじゃんけんで勝負してくるという事です。

あまり強制力のない緊急事態宣言を出してしまうと、もうその後の法令がなく打つ手がありません。その上でもし、5月6日までに感染者数が減らなければどうなるか!? 普通に考えればわかりますよね!! そうです!こぞってマスコミは宣言を出すのが遅かった!!政権批判を展開するわけです!!

 

もう既に昨日あたりから宣言を出すのが遅いと批判しているマスコミがありますよね...

 

要するに追い込まれたわけです...マスコミとそれを裏から操る資本家連中に、政府と国民は...

 

日本の感染者数は各国に比べ格段に少なく、宣言は出す必要がなく、理想はその状態で感染者数が減少し、終息するのが理想だったのでしょう。しかしこれでは、安倍首相嫌いのマスコミと野党の支持率は上がりませんよね..だからこの数か月、毎日毎日、国民に不安報道し、緊急事態宣言もやむ無しも世情を醸成し、今日成就したわけです。アビガンの臨床結果状況次第ではこの辺で政府に宣言を出させなければ、追い込むことが出来ない最終ラインだったのかもしれません。

 

かといって、マスコミは初期の頃は緊急事態宣言は個人の権利を迫害するものだという批判も少しは出ていたため、安倍首相が先手を打って宣言を出せば個人の権利の制限だ、迫害だと言って批判したでしょうしね...

 

マスコミの報道圧力、一方向に人を流そうとする世論には何か裏があるわけです...気を付けて生きていきたいものです。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。