イージス艦と戦艦大和どっちが強い?

ミリタリマニアが気になるIfのお話です。

難しい、大砲の性能差や細かい計算などは致しません。その辺は本職のミリタリーマニアの方がどっかのサイトでやっていることでしょう。

所長はマニアではないので、戦艦の能力詳しくはわかりませんが、少なくとも被弾性能は比較になりませんね。

 

護衛艦乗りの経験から

現代護衛艦の主要装備である、127mm単装砲、54口径5インチ速射砲、62口径76mm速射砲では戦艦の装甲にに対してはほぼ効果はないし、護衛艦の射程は大和の主砲の射程の中で撃たないといけないので、懐に入らなくてはいけませんね...

 

戦艦が当時の装備のままだとして、主砲の46センチ砲の射程は最大で42000m(42km)、弾丸速度は時速2808km(マッハ2.2)かたや護衛艦側の主砲はその半分以下、12000~15000mほどと勝負にはならないように見えます。

 

もう結果を言います。断然イージス艦です。しかもたぶんほぼノーダメージ。理由は比較にならないレーダー性能と戦闘指揮システム、射撃システムです。

正直現代の戦闘で乗員や砲雷科のレーダー員が最も怖いと感じるのは、航空機とミサイル攻撃です。

 

ただ真っすぐ突っ込んでくるだけの大砲の弾はなんにも怖くありません。大砲の弾は、もしなんとかして発砲煙が確認できれば、その発砲煙確認時に変針回避運動を行えばほぼ回避できます。(理由は後述、もしくはいずれ後述)

なので、誘導兵器を持たない戦艦は怖くはありません。イージス艦は優秀なレーダーの探知距離を利用し、アウトレンジからのハープーン対艦ミサイルで攻撃して終了です。

 

しかも、大和の主砲の弾は現代の対空・3次元レーダーで探知可能なので、万が一にも大和のレンジ内に入っても大和の主砲弾を探知したら127㎜砲とSM2、ファランクスで迎撃できます。

 

という事で、何の浪漫もなくあっという間にイージス艦の勝利で終わりです。ただしイージス艦の搭載数のハープーン対艦ミサイル8基では撃沈までは追い込むことは出来ないでしょう。大破・戦闘不能までですね。下手するとダメコン次第で数時間後には戦列復帰できる可能性も残りますけど...基本、ハープーン対艦ミサイルは水線上の艦橋・煙突構造物などのRCSの広いところをめがけて突っ込んでいくでしょうから。

 

マニアの皆さん、期待した浪漫のあるIFが書けなくてすいませんね...

 

 

 

艦砲射撃の話

上記の図は水上射撃でも同じです。

水上射撃では弾着まで数十秒あり発砲時の指揮装置の未来位置計算で射撃しているので、発砲(発砲煙と同時に舵を切れば回避できる可能性が高い)

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。