セミリタイヤすべき理由~労働者はどこまで行っても搾取すべき存在だから~

新型コロナウイルス報道で再認識したこと

新型コロナウイルス騒ぎの急激な経済の冷え込みによって様々な問題が出てきています。

そのうちの一つ、工場などの稼働停止により、車の製造工場などでで多いところでは5千人にも上るリストラが出始めています

しかも通常の不景気の状態でリストラをしようものならマスコミはこぞって大企業を批判するのにもかかわらず、今回に至っては、こういう状況だから仕方ない、国民国家、世界の為に流行を止めるために仕方ないというような論調さえ見られます...

新型コロナによるリストラは泣き寝入りもやむなし?~労働者が取り得る選択肢とは~(嶋崎量) – Yahoo!ニュース

新型コロナウイルス感染症の問題が、雇用に大きな影響を与えています。   当初は、一斉休校などで直接的な影響を受けた学校職場などでの仕事を外された非正規教員等のケースや、休校となった子どもの世話をするため仕事を休めないといった相談が中心でした。  ですが、現在はそのような相談類型にとどまらず、 幅広い業界でコロナショックを理由にしたリストラ などの相談が増えています。 …

 

もちろん、これも大企業やスポンサードしているマスコミの謀略の一つと捉えています。

どういうことか!?

コロナ騒動前までは、日本は人口減と好景気による人材不足の業界などもあり、副業が推奨されるようになりました。しかしこのコロナ騒動により、まず情報弱者の労働者は、コロナによるリストラの報道を見てもおかしいと思わなくなりました。それどころか感染爆発を抑えるためにリストラされて自宅待機もしょうがないとさえ思わされている節があります。

 

しかしこれも大いなる洗脳の一つでしょう。安倍政権後の一気の拡大と、オリンピック需要の縮小などによりもともと2020年にはリセッション入りの予想が出ていました。

しかし、ただ少し業績が下がったからとリストラなどを行えば、さすがのB層・D層の情弱労働者でもそれはおかしいと気づくでしょう!!

けれど、この新型コロナの外出自粛や閉鎖、休業もやむなしという空気を利用し、どさくさに紛れてリストラを行えば、一月以上に及ぶマスコミの不安煽動報道により冷静な判断を下せなくなっているB・D層がおかしいと気付く前にリストラを行えるとでも考えたのでしょう。

そしてリストラされた労働者は就職を探します。そしてそこで、人材不足と言われる運輸業界などに採用され、リストラ人材を再編出来てちょうどよいとでも考えたのでしょう。

 

ウイルス騒ぎ自体は偶発的なものだとしても、その後の対応や社会変革は人間が行うもの。そこには様々な意志や権謀術策の数々があるのです。

 

セミリタイアする必要がある理由

では、A層になれそうにはないけど、B・D層にはなりたくない人はどうするべきか、自ずと答えは出てきます。いつまでもマスコミを通して流される洗脳報道に騙されずに生きるために自分の力で生活に困らない程度の収入を最低で確保できれば、A層の連中の言いなりにはならずに済むでしょう、少なくとも...

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。