海上自衛隊 護衛艦乗りあるある⑤

海自の船乗りは海外派遣にそんなに行きたがらない

陸上自衛隊航空自衛隊は海外派遣訓練などは非常に人員の枠が狭くあまり機会が回って来ないらしいが、海自の護衛艦乗りは、海外派遣の機会がざらにあるので、独身の若い頃に2~3回行けばもうお腹がいっぱいなので海外派遣に対して、陸上・航空自衛隊の人とは温度差が激しい。

陸上航空自衛隊→海外派遣→滅多に話が来ない名誉あること

海自護衛艦乗り→また海外派遣かよ…

 

艦艇乗りの海曹士は幹部になりたくない

軍隊の士官、ましてや海軍士官なれば、昔ならエリートの花形職業でしたが、現代では船乗りは敬遠される職業…。

艦艇の海曹士と幹部では同じ船乗りで同じ艦にいても、やるべき仕事、任務、責任が全然違います。

ましてや初任幹部などは士官室で艦長、副長、科長(砲雷長や船務長など)にボロクソに言われ、海曹士に仕事を振るために下に降りてくれば(士官室は水線上にあり海曹士は水線付近より下に居住区がある)、先任海曹達や現場の武器やメンテに精通した職人肌の1~2曹連中にボロクソ言われ、それを見た勘違いの海士にも生意気な口を叩かれ…

なので、艦艇勤務者の海曹士のたぶん9割位は幹部になりたくないと思っています。

そして昔は3曹から2曹以上の昇任試験で昇任スピードを調整しがちでした。(今は昇任試験制度が変わったらしいので出来ないみたい…)

 

教育隊・幹部候補生学校での整頓あるある

教育隊や幹候で部屋の整頓やベッドメイキングが悪いと、部屋に嵐が来るのですが...それもあるあるですが、実は荒らすほうの教官も意外としんどかったりする...

酷い場合はベッドをバラシていくことさえあるのですが、それを組む時結構時間が掛かります。という事はバラすのもそこそこ時間が掛かっているわけです...

 

もうすぐ教育隊に入隊する、入隊予定者の方は嵐が来ないように気を付けてくださいね!!

 

5つの総監部で舞鶴が一番不人気勤務地...

今年入隊される新入隊の方には申し訳ないですが、全国共通で、艦艇勤務者は何故か皆、舞鶴だけは行きたくないと思っていがちです...

田舎の度合いで言えば、舞鶴より大湊総監部のほうが田舎で、周辺に大きな都会もないのです(青森まで2時間くらい)が、京都市、大阪、神戸まで1時間から2時間で行ける舞鶴のほうが不人気という不思議...

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。