海上自衛隊 護衛艦乗りあるある②

護衛艦と補給艦

艦艇乗員、陸上配置の隊員をバカにしがち

海上自衛隊の主力やはり航空部隊やその他陸上配置部隊ではなく潜水艦、護衛艦から掃海、輸送、補給などの艦艇部隊です。

海上たる由縁です

なので、艦艇勤務者は陸上配置の隊員を下に見がちです。特に毎日営門でみる、副マークを必要としない陸上警備隊(※陸自のことではありません)のことを特に馬鹿にしがちになります。

例)艦艇不適のくせに! とか、艦(ふね)で使えんかったから陸上に降ろされたんや!てな感じです…。

またひいては、陸上戦闘自体をバカにしがちなところがあります。(泥臭いのが嫌い)

 

 

引っ越しは業者を使わず隊員同士手伝いしがち

海上自衛隊の艦艇部隊営内居住に当たる場所は艦内なんですが、艦内居住はキツイので下宿をとることを許されます(あくまで下宿(外泊扱い)なので規定上は営内居住を守れている)。

で、学校や転勤などの時に引っ越す場合は同期の車やレンタカーを借りてお互いに手伝い合うことが多いです。

 

転勤周期が早いと何か問題ある奴では?と次の転勤先から疑われがち

海上自衛隊では船から船、学校入校も全ての異動は転勤といいますが、この周期が早いと、次の転勤先から、『何か問題ある奴では?』と疑われ、同じ職種のネットワーク、該当隊員の同期ネットワークを使い、信用調査が行われます(笑)。1~2年周期は早い。せめて3~4年。

民間企業の中途採用面接でも同じですよね 転職サイクル早いと根掘り葉掘りきかれますよね…

次来る奴やベー奴?誰か知らない?

 

艦艇乗りでも酔う時(船酔い)は酔う

教育隊後の配属からいずれ船に慣れてくると酔わなくなりますが、それでも、冬の日本海の大荒れの時などは、嘔吐までいかなくても、頭いたかったり、食欲なかったり、常に眠かったりと、船酔いする時はします

オエーッ…

 

転勤して数日は先輩・後輩・同期かの探りあいがある

転勤挨拶が終わり、勤務が始まると、ふれあいの最初は、『練習員、補士、曹候何期?』などと上下を確定させるための会話が最初にあります。

どちらかと言えば階級より入隊期別が重要視されます。階級より飯の数が重要!

また、事前に転勤先に以前の先輩後輩、同期等がいると既に上下確定作業が終わりかけているので楽です。

海士から海曹の昇任で差がつくためこうなる。また、相手が海士でも先輩なら敬語出し、同期なら階級上でもタメ口オッケーだし、海自の階級社会は複雑だったりする

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。