新型コロナウイルスの重症化と喘息患者

新型コロナウイルスは陽性が出たとしても、健康若者、壮年世代なら半数が無症状。

重症化するのは60~70代以上の高齢者と基礎疾患患者などとされています。

 

新型コロナウイルスと喘息

別に新型コロナウイルスに関わらず、通常の風邪(ライノウイルス、コロナウイルス等)でも、喘息患者は重症化の可能性があります。

なので、今さら風邪ウイルスの一種のコロナウイルスであるその新種が出たところで今さら感がありますね。

 

 

かくいう、所長も喘息持ちで、風邪には凄く気を使っています。風邪を引かないように予防し、ちょっと寒気などを感じれば即座に市販薬や民間療法で対処します。

 

昔は風邪を引いたら、必ず喘息の発作を併発し、市販薬と喘息の吸入薬で対処しようとしても、薬の組み合わせによっては薬効が相殺されたりして長引いたものです。

 

少年時代の酷い時には、今は亡き祖母に付き添われ点滴5時間を病院で受けたことも数回あります…。 婆ぁちゃんありがとう…。

 

だから、なんにせよ、マスゴミの方に今更言われるまでもなく、気を付けていますよ。 自分の身体、命の最終責任は自分にあります。完治のない病気の喘息患者なら自分でわかっているはずです。

 

今の世の中の、クラスターの発生源になったライブハウスを叩いたり、マスクがどうだ、消毒剤がどうだと、政府の対応を叩いたり、嘆いたところでどうなるって言うんですか❗

イベントやろうがやらまいが、政府が何かを規制しようが、休校要請しようが、伝染るか否か、無症状、軽症、重症は運と自分の日々の過ごし方次第と心得て、かつ過剰に恐れずに生きています。

得てして、普段と違う道を使ったり、普段しないことをすることにより、以外と不測の事態遭遇率は上がりますからね🎵

普段通り、普段通り‼️

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。