住宅ローンなどの信用調査で見ているもの~保険証・免許証からわかる個人の信用

保険証からわかる信用(お金)情報

今も昔も保険証があればお金を借りることが出来ますが、それは何故でしょうか。保険証は顔写真がついていないため身分証として、本人確認証としては不十分にも関わらずです。

 

しかし、お金を貸す方としては別にこの保険証を持つ人と使う人が一致していなくとも関係ないわけです。ただこの保険証が発行されている人物の信用情報が重要だからです。

 

金融機関や信販会社が保険証を見る理由、それは…事業所名、保険組合名、保険証の記号です。

 

そこを見ることにより、この保険証を持つ人が、どこの大企業に勤めているのか、中小企業なのか、公務員なのか全てわかるからです。大きな事業者にお勤めとわかれば月々の給料が多いとか予想できるので、信用が大きくなり、住宅ローンなどの審査、借入限度額にも響いてきます。

 

我々、庶民、労働者はただ何となくこの保険証を渡されていますし、記号番号の意味なども教えてもらっていませんが、わかる人が見ればわかるように情報が手に取るようになっていることがなんと恐ろしいのでしょうか...

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。