ポイ活に向いてる共通ポイント~T-ポイント編~

Tポインとは

TポインとはTSUTAYAが開発した、各企業、業種、各店舗の壁を越えて使えるようにした画期的な共通ポイントシステムです。昔は各店舗、各企業ごとに発行していたポイントカード、スタンプカードなどを、ユーザーからのポイントカード、スタンプカードで財布がパンパンになるという悩みを解消させるためでした。

 

そして、企業にとってのメリットもあり、業種を超えた企業間で、共通のポイントを使うことで、顧客の囲い込み、顧客の購買活動の情報収集に企業は役立ち、共通ポイントカードは、ポンタポイントdポイント楽天ポイントと瞬く間に隆盛しました。

 

Tポイント概要

・Tポイントの還元率は店舗により違いはありますがだいたい200円で1ポイント(0.5%)

・......。

 

すいません、リサーチ不足もありますが、正直Tポイント、持ってる割には還元率が良くないのであまり使わないんです。

しかしそれにも理由があり仕方ない面もあります。

 

他共通ポイントシステムの楽天スーパーポイント、dポイントも強みがあります。それは各々核となる企業の主要事業があるからです。楽天なら楽天市場、証券、銀行を自前で持ち、モバイル事業もある。dポイント運営のNTTドコモは言わずと知れた携帯会社、最近ではネット上でネットショッピングからトラベル、動画、などのコンテンツを運営しています。

 

しかし、共通ポイントのはしりのTポイントは、TSUTAYAのレンタル事業を主要事業としてスタートしましたが、楽天やドコモのように自前での事業が弱いのです。Tサイトに登録してもアプリ内でのポイントの貯まるゲームやアンケートの件数も楽天やドコモにとても及びません。ひとえにTポイント運営会社の弱さが出ているのかなと思ってしまいます。

 

提携先の主要会社を見てみると、ヤフーショッピングやソフトバンク、SBI証券と、ソフトバンクグループとの結びつきが強いようですので、携帯がソフトバンクユーザーなら、Tポイントをメインに使うことを考えてもいいのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。