海上自衛隊護衛艦生活~艦内の役職について・海曹士編~

昨日のブログでは、幹部の役職について書きましたが、今回は艦艇での海曹士の役職名についてです。

海曹士の役職

海曹士の役職については、本当に複雑多岐にわたります。

まずは各パート長クラス。例えば、射撃員長は砲台長、略して台長(だいちょう)と呼ばれます。二門ある船は台長は二人いて、その上に掌砲長という人がいました。 射管員長の場合は射管長(しゃかんちょう)と呼ばれます。

 

※そもそも海自では基本、相手を呼ぶ時は自分の上級者の場合は、海曹クラスは(曹長除く)苗字に海曹にをつけ(1曹でも3曹でも○○海曹)と呼びます。しかし、各パートの員長クラスは役職で呼びます。

 

魚雷なら魚雷長、水測員ならソーナー員長と呼びますが、幹部と役職名が被らないようになっています。

例えば航海科の場合は、航海長と呼びたくなりそうですが、そうは呼ばず、舵長(だちょう:操舵員長の略)信号長(航海科の次席の人)と呼んだりします。もちろん舵長と信号長、やることも違います

機関科の場合は、機関長は幹部なので、エンジン関係の員長は機械長と呼びますし、応急工作員の場合は応急長は幹部なので、応急員長と呼びます。

 

正直、ややこしいですね..単純に長とつけて呼ぶ場合と、○○員長と員をつけて呼ぶ場合とありますから。

 

それに、砲雷科員からすると機関科は正直わかりにくいです...エンジンも2機、3機あってそれぞれ機械長がいたり(この辺は砲台長も同じか)

 

ただ、もちろん、普通に○○海曹と呼んでも差し支えないんですが、面倒くさいことに、員長になったという実感が欲しいのか、在籍中に、繰り上げで次席から員長に上がると、前日まで○○海曹と呼んでいたのに、翌日から○○長と呼ばないといろいろ面倒くさい人もいるのです。

もちろん、艦内では、階級よりも役職が重視される場面もありますので、自分の員長、ひいては自分のパートの権威付けのためにも、射管長とか役職で呼んであげたほうがいいというのもあるのですけどもね!!

 

今回の話は、まあ、乗員にならなければ面白くもなんとも、役にも立たない話ですね...

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。