自衛官は転勤が多いのか!? 海上自衛隊・護衛艦勤務の場合

自衛隊は転勤が多いという話はよく聞きますし、ブログなどでも書かれている方、yahoo知恵袋などの質問などでもよく見ますが、タイトルの海上自衛隊の場合と書いたのには理由があります。

それらのブログや疑問に答えている方々の答えを見ると、どうも違和感があります。そうそれらのどれもこれも陸上自衛官のことを基本として、それらが自衛隊共通の当たり前のように書かれているのです!! 世間の人も自衛官=陸上自衛官を基本として話しかけてきます...

 

海上自衛隊の転勤について

海上自衛隊でも、ここでは特に艦艇部隊、艦艇関連マーク持ちの場合について書きます。そして幹部の場合と海曹士の場合について書きます。

~以前書いた海上自衛隊の転勤システムについてのブログはこちら

 

幹部自衛官の場合

海上自衛隊の幹部自衛官の場合でも3パターンあります。

1.防大卒・一般大卒の幹部候補生学校卒のいわゆる A幹の場合 

2.海士入隊で、3等海曹昇任後に所定の年月後、幹部の試験を受けた B幹の場合

3.海士入隊で、普通に曹長昇任まで進む、その後、幹部になった、 Ⅽ幹の場合 

※海自では、幹部をA幹(エーかん)、B幹(ビーかん)、C幹(シーかん)と区分けして呼んでいます。

 

1,2の場合は否応なく全国レベルでの転勤になります。昔は1年で、現在は、1~2年周期での転勤のようです。転勤とは船(部隊)を変わるだけのことも転勤と言いますが、幹部の場合は転勤と言えば全国どこいくかわからないという意味が込められています。ただ稀に同じ総監部内の部隊・艦に転勤になる人もいます、が稀です。

3のC幹の場合は、少し事情が変わります。所長の記憶ですと、C幹に行った曹長の方々はだいたいが元の、曹長まで過ごした母勤務地に戻ってきていました。母勤務地とは海士の頃に最初に配属された総監部のことです。

 

幹部が何故、全国転勤するかというと、幹部の人事権は中央(海上幕僚監部)の権限であるためのようです。

逆に先に書きますが、海曹士各人の人事は各総監部が人事権を握ります。

 

海曹士の場合

海曹士の場合は、あまり全国転勤はありません。海士の教育隊を修業したのちに配属された総監部をほぼ離れることはありません。教育隊修業後に配属された総監部の人事課が人事権を握るためです。そしてだいたいが、以前のブログでも書きましたが、教育隊の入隊場所でほぼ最初の総監部は決まりです。舞鶴教育隊入隊なら舞鶴総監部内勤務、呉教育隊なら呉、佐世保なら佐世保、とだいたい決まりです。

大湊は教育隊がないので、大湊は、北海道・東北(太平洋側)地区出身の者が入隊している横須賀教育隊から行きます。

 

そして以後海曹士の転勤は術科学校の教育入校以外はその総監部の人事権のある警備区域内の転勤しかありません。

例えば、舞鶴警備区内には新潟基地分遣隊、呉なら阪神基地隊、佐伯、下関、佐世保なら壱岐、沖縄、鹿児島などがあり、あってもその範囲内での移動です。舞鶴から大湊、大湊から佐世保に転勤なんていう人事は海曹士の場合はほぼありません。※ごく小規模の人事交流異動はある

 

海曹士の場合は人事権が変わる総監部が変わる異動はほぼありません!!総監部が変わらなければ、全国異動はありません。

 

そもそも海自の護衛艦部隊は全国に5か所しかなく、なので、ほぼ全都道府県に駐屯地がある陸自とは違うので、親の介護などの事情は確かに考慮されることもありますが、そもそも大半の人間が総監部所在地の県外の人間で、しかも通常の状態でも上陸範囲(片道4時間)の決まっている海上自衛隊では、親の介護などで近くの勤務地がいいといっても、もともとが遠い人間はどうにもならないわけです。

例)舞鶴勤務で山形、秋田出身者では片道8時間以上かかるし、そもそも範囲外。それが大湊勤務に替えてもらっても、大湊から山形秋田迄やはり4時間から6時間かかります。

 

所長の先輩の何人かは、親や祖父母の介護のために転属願を出してもどうせ叶わないし、転属しても遠いので、結局舞鶴に呼び寄せていましたね。

また、海曹士が学校に入校する場合は住民票は移動せず、住民票を移動しないということは学校修業後、元の総監部に戻るということです。

 

簡単にいうと、

海上自衛隊の転勤を語る場合、相手が幹部か海曹士かをまずわけて考えます。

幹部海上自衛官が『転勤です』と言ったら、家の引っ越しを伴う、県外への異動の意味が含まれている。

海曹士の海上自衛官が『転勤です』と言ったら、家の引っ越しを伴わない、同じ総監部内(総監部所在県内)の、単なる部隊異動の場合が大半である

 

なので、自衛隊は転勤が多いとありますが、海上自衛隊海曹士は全国津々浦々転勤なんてありません。海上自衛官の場合は行く所がそもそも決まっています。せいぜい学校(広島、舞鶴、横須賀)は行っても、舞鶴、呉、佐世保、横須賀、大湊から基本離れません。

 

自衛隊、自衛官としか書かれていない、ブログや書籍、知恵袋などの記事を見て、それが当たり前のように書かれていても、当たり前ではありません。大概が陸上自衛隊を基本として書かれているだけなので注意が必要です‼️

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。