老後2000万円不足問題もありました

2016年小売り電気自由化

2017年小売りガス自由化

2016年から電気、17年からガスが自由化され自由に会社が選べるようになりました。

携帯電話も三大キャリア筆頭に格安スマホ会社が2015年頃から急激にたくさん増えました、多少の離合集散を繰り返し、現在はいくつかの大きなものが残り、楽天モバイルは大手キャリアに格上げの予定さえあります。

資本家やマスゴミなどに搾取されないようにするには自分で考えていかなくてはなりません。責任は全て自分で取らなければならなくなるのが自由化の真の意味するところです。自由には義務が生じます。義務とは、責任であり、それは自分で決断したことは誰のせいにも出来ないことです。

自由化は喜ばしいことですが、こと日本人はその自由義務・責任というものに無頓着です。自分で決断したことでも、国のせい、人のせいに平気でします。

 

老後2000万円不足問題は確かに大きくは国の責任も多少はありますが、お金を節約できる、生活費の契約は自由契約です。すべての責任は自分にあります。お金が足りないなら、電気の契約を変える、ガスの契約を変える、携帯の契約を変える、それらのことを先ずすべてをやって節約してみて、それでも老後生活費が足りないのか、足りるのかを計算する義務が、一人一人にあるわけです。

 

 

『自由とは自由であることのように呪われていることである』サルトル

姉妹サイト サラリーマンの年収アップの為のファイナンス・副収入研究所はこちらから

終わらない夏休みの取得~経済的自由・自立の達成に向け~

労働とは会社に勤めて、働いたことに対する対価として給料を得ることで、我々は生活しております。 しかし労働をすると、それだけ対価に対して時間を犠牲にしてしまいます。労働に時間を割かれると云うことは自分の自由な時間が失われ、やりたい趣味、家族との時間など自由を制限されます。 …

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。