所得税の計算方法知っていますか?~年末調整の時期ですね・特定支出控除~

所得税とは

個人が1月1日から12月31日までの1年間で得た収入から必要経費を差し引いた所得に対してかけられる税金です

所得金額=収入金額ー必要経費(基礎・保険料・医療費・小規模企業共済・配偶者控除...)

 

超過累進税率

いわゆる累進課税と言われるもので、所得金額の多い人ほど担税力、すなわち税金を納める力が高いと考えられる為、所得の多い人から所得の低い人への再分配の為にとられている制度です。

税金の目的は、富の再分配だと言われています。

 

サラリーマンで年末調整が必要なわけ

サラリーマンの場合は、年収が2000万円を超えない限りは、自分で税務署へ行き、確定申告をする必要はありません。しかし、住宅ローン控除を受ける最初の年などは自分で行かなければなりません。

サラリーマンの所得税は、源泉徴収と言って、涌き出る泉の元、すなわち会社から給料をもらう段階で既に引かれています。

決まった税率に基づき、月々の所得に応じた税率の分だけ引かれています。この時サラリーマンには必要経費分は加味されておらず、純粋に税率に基づき引かれています。

そして、年の瀬近くになると、書類を書き必要経費を申告する必要があるわけです。しかし、サラリーマンの必要経費ですが、スーツや作業服、作業着、仕事道具類を買えば経費になるのではとお思いの方もおられるでしょうけど、全ての人が基礎控除として38万円は控除されているので、その上サラリーマンとしてのスーツや仕事道具を購入したものを控除してもらいたい場合は、出来なくもないですがかなりハードルの高い経費額が必要になります。

特定支出控除

平成23年度からスタートしたものですが、27年度実績ではなんと全国で1800人しか適用されていません。サラリーマンでもスーツなど仕事道具類などの購入費用を経費としたいなら、給与所得控除額の2分の1を超える必要があります。年収400万円の人の所得控除額は134万円なのでその半分67万円を超えないと経費として申告できません。年間のスーツや仕事道具類で67万円超えるって相当ハードル高いですよね。アルマーニのスーツを7着買って経費として申告してみてはいかがでしょうか!!?(笑) 年収400万円の人が年間スーツ代67万越えでは普通の生活が出来ないと思いますね...

 

で話を戻しまして、決まった税率に基づき経費を加味されずに徴収されていた所得税は、年末調整の申告用紙の内容に基づき、年収と税率が再計算されて、その差額額分がこの12月の給料の時に返還されるという仕組みになっています。

 

なるべくずるされないように、先に税金をとりあえず搾り取っておく。そして多く取っていればあとから返す。しかし申請が間違っていれば当然返さない。見事なシステムを構築したものですね! 搾取のために...

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。