誰も教えてくれない固定資産税 ~セットバックした分の税金~

久しぶりになりました、誰も教えてくれないシリーズ、今回は固定資産税についてです。と言っても固定資産税自体のことではなく、関係ある方は少ないかも知れませんが、セットバックとその税金についてです。

 

セットバックとは

簡単にいうと、4m未満の道路、道路とみなされる幅4m未満の道に面した場合、建築基準法により建築物は建設できないため、その土地に家を建てる場合には、その4mを確保するための分の土地を道路にする、家を後退させることです。

 

自分の土地なのに、建築物は建てられない上に道路に供与するわけです! それをまとめて、不動産用語で、『セットバック』といいます。

セットバックとは|不動産用語を調べる【アットホーム】

1. 建物の上部を下部よりも後退させること。 2. 2項道路( 建築基準法第42条第2項の規定により道路であるものとみなされた幅4m未満の道のこと)に面する土地では、次の1)または2)の範囲に 建物を 建築することができない。 1)その道路の中心線から水平距離2mの範囲2)その道路の片側が崖地、川、線路等である場合には、その崖地等の側の道路境界線から水平距離4mの範囲 …


そしてここで一つ疑問が生じます!!

 

セットバックした土地は誰のもの??

セットバックして道路に供与しても、登記簿上の所有権は……家主にそのまま所有権があります。

しかし、所有権がありながら、自分の物は建てれません。また、道路に供与すれば道路の管理者に管理が移るので、自分の土地でありながら、道路工事に水道管工事などには土地所有者の許可は要らないという。

所有権はありながら、生殺与奪権はないということです。それもほぼ永久にです…。

 

それではなぜ、所有権は自動で道路管理者に移らないのか。 それはようやくここで固定資産税が絡んできます。

 

セットバック後の固定資産税の行方

最初に言うと、セットバックして道路になった土地の分も固定資産税は計算されています。

何故か? それは、道路が市道の場合、セットバックされた土地を道路に供与されたから市の土地に自動ですると、個人の財産の収奪になってしまうからだというのが一般ですが、実は土地を返されてしまっては、市は固定資産税を回収する機会を永遠に失ってしまいます。

しかし、このセットバックのからくりを知らない人が多いため、市は敢えて市側からセットバック分を免除してくることはないわけです。

 

昨日のブログでも書きましたが、強者や知識人が作ったルールは自分達に有利に作っています。知らない者に敢えてその強者や知識人が、持たざる者にわざわざ、補助金や節税の説明など懇切丁寧に教えてはくれません。世の中はそういう風に作られています

 

情報弱者は搾取されるだけの存在

このセットバック後の土地の固定資産税について、免除申請もあります。自治体によっては寄付も出来る所もあるし、分筆して敢えて土地の評価額を下げて節税するなんて方法もあります。

セットバックが関係する人は、家を建てる際に、建築業者や不動産関係者、銀行関係者に一度相談したり、自分で調べたりする必要がありますので、ここに記しました。

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。