ボーナスの時期になりました。ボーナスの思い出話

今年も残すところあと一月、師走になりましたね。師走・12月と言えばボーナスの時期ですね。今年のボーナス戦線はいかがなものになるでしょうかね。

ボーナス(賞与)の支給日はいつ?会社員と公務員が貰う時期

いつボーナスをもらえるのか気になりますよね。夏と冬のボーナスがそれぞれいつもらえるのかを調べてみました。会社員と公務員で支給日とそれぞれもらえる時期をお教えします。 ボーナスをもらえる人、もらえない人 <目次> …

 

ボーナスの思い出

とある会社に在籍していた時、10月末くらいに中途採用のため準社員で入社。1年の準社員後に正社員採用で、4月と10月に選考があったのでしたが、4月は勿論、10月の正社員採用も数日、ほんの3~4日足りないだけで正社員採用されませんでした。

その間、6月、12月に準社員でボーナスを貰いましたが、手取りは4万円位でした。年明けて3月に東日本大震災があり、出向で東北の関連会社に手助けに行きました。4月に一年半かかり正社員になり、その6月…。いよいよボーナス。正社員としてのボーナス。東北出向分を報奨として上乗せるとあったので期待ワクワク‼️

が!! 明細の封を切って驚愕しました。

なんと、準社員の時の一年前のボーナスより少なかったのです❕❕

しかも、社長の直筆で、『東北出向分を上乗せしました。ご苦労さん』とありました。え? 何処に上乗せしたのでしょうか?

前年のボーナスが総支給6万円。上乗せされたその年度のボーナスで5万8千円。

社長の言うとおり上乗せ分があるなら、元の所長のボーナスはいくらだったのでしょうか…。

たぶん、労働者として馬鹿にされたのでしょう。どうせ前年のボーナスの額なんて覚えてないとね…!

 

ところがどっこい、所長は海上自衛隊を退職する2~3年前から全ての給料明細をとってファイリングする習慣があったのです。

 

担当の部長が、『東北震災支援の出向分を上乗せしてあったか』と聞いてきたので、前年のボーナスの明細とその年の明細持って部長に強く言いました。

何処に上乗せ?上乗せあったなら、じゃ、自分の査定の元はいくら?なぜ、上乗せされ昨年より下がるのか!とです。

 

ボーナスは確かに、会社の査定次第ですが、会社の使役側と労働者側の立場と権利は50対50です。

言うべきことは言うべきです!自分はこれだけやったと!査定の内容を明らかにしろと! 金や報酬に関して静かにするのは日本人の美徳かもしれませんが、その美徳を使役側は悪用しているのが日本の企業です!!

 

『立てよ!労働者!!ジーク・ジオーン❕❕』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。