元自衛官タレント?コスプレイヤー?かざりさん

今日、テレビを見てますと、元自衛官で現在タレント?コスプレイヤー?のかざりさんという女の子がテレビに出ていました。なかなか可愛い女性でしたが、通信系の職種の方のようですね

 

 

海自の船乗りがやる緊急ズボン救命胴衣

その番組の中で緊急時に使える非常技を伝授していましたが、その中で紹介されていた技の正式な解説をいたしたいと思います。

 

ズボンを救命胴衣にする緊急技

番組中での説明

1.ズボンの裾を左右で空気を漏れないように結ぶ。

2.裾を結んだらズボンのお股側を広げながら降りかぶって水面に叩きつけると空気が入る。

3. 空気は徐々に抜けるから、空気をいれるのを繰り返す。

と、説明してましたが、コレ実際にやるには……

 

例えば、フェリーが沈没、救命胴衣が間に合いませんでした。水中に投げ出されます。そこで、

1.沈まないように立ち泳ぎしながら水中でズボンを脱ぐ (上着とかが一気に水吸うので油断すると沈みます!!)

2.沈まないように立ち泳ぎしながら、ズボンの裾を結ぶ (もうこの辺で立ち泳ぎの足パンパン!!)

3.沈まないように立ち泳ぎしながら、ズボンの股側を広げながらズボンを水面に叩きつけて空気をいれる。

4.空気が抜けたら繰り返すのではなく、股側を少し開き、手で水面を叩くなど水を泡立たせると空気が入ります。

コレ全て立ち泳ぎしながらなんですが、立ち泳ぎって手を使っててもキツイのに、ズボンを脱ぐ時も、結ぶ時も、水面に叩きつけて空気をいれるまで足だけで浮いていないと駄目なんですよ❕❕あと、ズボンの材質によってはすぐ空気が抜けます。スーツのスラックスとか薄手のナイロン系はほぼ使えませんね…。で、やっぱり番組で使ったのは厚手のチノパンでしたね。

白鳥とか水鳥とかはすごいですよね、水面上の顔は優雅に、足は必死に搔く。この訓練の時の人間は顔も足も必死です。水鳥みたいな優雅な顔してられません!!(笑)

 

何度か水泳の教務で作業服着てプールに入り、実際にやりましたが、水を吸った全身の衣服は半端ない重さになります‼️しかも靴も履いてますよね当然!! 靴履いてるとズボンがホントに脱げなくてすごい焦りますよ!!訓練とはいえマジでおぼれるかと思ったくらいですからね!!!!

正直訓練されてる海上自衛官でもきつかったですから、普通の人が知識があるからとおいそれと出来るかなと疑問ではありますね。でも知らなかったら助かる率はゼロだから、知らないよりはましですね🎵

それより、500mlのペットボトルでも浮きになるので、そっちの方が確率は高いかな⁉️

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。