群れて生きるのが草食動物、それを喰らって生きるのが肉食動物

中学生くらいの時からずっと思っているが、最近また強く考えはじめてきたこと。それは何故不良ぶってるやつは群れて、かつ、大人になってもがに股、斜に構えて虚勢張ってるのかと…

まぁ、結論を先に言えば、精神の幼さなさと、それからくる色々な経験不足による自分自身への自信が無いためであるんたけど。

実際には腕っぷしが弱かったり、知識、学歴、経験の無さなど、自分が弱いことを他人に悟られないように虚勢を張ること。そして似たような境遇のやつと群れること。 それが答え。

そして草食動物は肉食動物に襲われにくいよう集団を作る。同じか… ま、虚勢張ってる連中は自分が肉食動物だとカッコいいと思っているだろうが、社会構造はそうは認めていません。

社会構造を見れば一目瞭然。この日本を取り仕切っているのは政治家…ではなく官僚。官僚になるには高卒の試験もあるが、だいたい大卒。トップ目指すなら東大、京大など旧帝国大卒でないと。

かたや労働者。大卒でも工場勤務はいるが、それは監督者だったり技術職だったり。 工場のラインは高卒が多い。

自衛隊も高卒が多かったな。

労働者のなかでも、建設、土木、造船所。現場監督達はシャキッとしているが、下の現場作業員達は…金髪、茶髪、ロン毛…現場では、下請けなのに挨拶も出来ない、出来ないならまだしも何でしょうか、睨んでくる有り様。

暴行や傷害の若者の事件が報道であれば大抵、建設業や土木業と相場は決まっている。

結果、日本人のピラミッド構成はこう。学生時代、悪ぶってた奴らが結局勉強もできず、大学も行けるはずなく中卒か、地元でもどうしようもない高校を卒、建設業、土木業の下請け孫請けに就職。普通の高卒者は製造業など地元の普通の会社に入る。

そして、学生時代に悪ぶってた奴らがバカにしてた、勉強の出来る優秀な生徒は地元の有名進学高から大学を出、トップは官僚や一流企業、地元に戻れば地元で有名な上場企業に入り、いずれは社会全体を、企業を動かす支配層になり、下請け孫請けにいる、悪ぶってた奴らを使役し立場は逆転。以後、立場変わることなく、不良君達は真面目君達に搾取され続けることになる。その労働力と、労働で生み出した成果の金を、時間を、税金を…… ま、不良君達は知識がないからある程度給料払っておけば、その社会構造に気付くことなく働いてくれるから、なお都合がよい。

 

不良ぶってるやつが、学生時代に普通に、真面目に、優秀にやってる生徒に嫌がらせするのは、将来自分が餌になるとの本能的防御行動だ。 いかに相手が肉食動物でも学生時代の知識や経験、権力を得る前の子猫の段階なら、群れて生きる草食動物の不良君達でも勝てる。 肉食動物の子供を草食動物が群れて狩る。

職業差別はいかんと思うが、社会構造をよくよく冷静に観察して見れば気付くと思うし、気付くからこそ自分の現況を見返すいい機会にもなる。

そして、今まで、中途半端に真面目に、かつ、不良ぶって生きてきてない私には餌にされては堪らないと思うわけです。

だけど、現況、今からピラミッドの支配層に昇るには方法は限られる。そこで行き着いた私なりの答えが、金の勉強して、社会に渦巻く金に関する様々な事象騙されず、のほほん投資で生きる道。

投資家もある意味支配層だ。労働者があくせく働いて得た企業の利益を、配当金という形で不労で貰うわけだから(多少のリスクはあるが)。

 

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。