海上自衛隊の転勤と転属の違い

海自の意味する転勤とは

海自には転勤と転属の2種類あります。転属という言葉はまあ、実際にはあまり使わないのですが...

 

海自の、特に艦艇部隊員に言えることなのですが、新入隊の教育場所は各警備区ごとに分けられ、Y・S・M・K教育隊に入隊します。ここまでは以前書きました。その教育隊内で艦艇部隊、航空部隊要員ごと分かれます。その後配属が決まっていくわけですが、艦艇要員はこの時、ほぼその教育隊所在地の在籍部隊に配属されます。教育隊の無い大湊は横須賀教育隊に入隊している、北海道、東北出身者が行きますが希望もあるようです。

そして、一度配属が決まった総監部は異動することがほぼありません。教育隊修業後に舞鶴の部隊に配属されたら、その後の転勤は舞鶴在籍部隊を転勤で回ります。船から船へ転勤することも、学校に入校する時も転勤と言います。学校は各々のエリア外に出るわけですがそれでも、修業後は元の総監部に戻ります。

 

※潜水艦要員の場合は横須賀と呉だけですが、その所属配分はどうなっているかはわかりません...

※各航空基地においての人事についても、所長は畑違いなのでわかりません

 

艦隊勤務だとしても、人事権を握っているのは、艦隊司令部ではなく、陸上の各総監部なのです

 

海曹士の人事権(首輪)は各総監部の人事課が握っているため、そう簡単には他総監部の在籍部隊に転勤になることはありません!!

 

では転属とは?

転属とは、この人事権者の場所が変わることを言います。要するに舞鶴管区の人事で動いていたのが、他所総監部の人事に移ることです。普通に過ごしていればその転属になることはほぼありません。

しかし、一昔前の、現在は廃止されている、は曹候補学生(曹候)で入隊した人は、最初の実習に際しての人事は中央が持っていたためか、各教育隊を修業後、警備区、総監部関係なく実習に回されていたため、舞鶴に佐世保の曹候が来たり、舞鶴から大湊に行ったりという事がありました。そしてそういう人たちが、出身地から離れすぎてしまい、家族の世話などが必要になった場合などに転属の希望を出す、というのが結構あったパターンでした。

 

 

色々、小難しく書きましたが

転勤とは、各エリア内において部隊、所属の艦船が替わることをいい、転属とは自分の所属する総監部のエリアが替わることを言います

なので、自衛隊は全国レベルで転勤があるとは言いますが、海上自衛隊の場合は実際には全国レベルでは転勤しません。たとえ全国的な転勤だとしてもそれは学校への教育入校であり、学校修業後は確実に元の総監部に戻ります。

 

ただし!!

上記の転勤と転属についての話は、あくまでも海曹士の場合です!! 幹部の人事権は各総監部ではなく、海上幕僚監部(海幕)が握っているため、全国レベルでの転勤になります。

 

海自の艦艇部隊での人員不足の一因は、海自の主力部隊は艦艇部隊であるのに、艦隊司令部側(海上実施部隊側)に人事権がないために、いつまでも洋上勤務の大変さを理解できない陸上の連中が人事権を握っているためもあるのかもしれませんね...

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。