舷門当直の必需品・サイドパイプと舷門のお仕事内容

護衛艦の停泊中のお仕事、当直の仕事内容 舷門立直、機関当直、信号当直など | サラリーマンの年収アップのためのファイナンス・副収入研究所~元自衛官の戦うFP所長の戦闘日記~

艦艇勤務は航海中の当直勤務や仕事、訓練と、停泊中に行える仕事や訓練、当直勤務の体制が全く異なります。 航海中の当直は24時間の一日の中で3交代か4交代で順繰り2時間か3時間ごとに当直が回ってきます。 停泊中の当直割は、何日かに一回の日で順繰り回り、さらにその当直日には24時間の間に何時間交代かで各々の当直が回ってきます。 …

 

舷門当直

舷門当直は船から陸に向けて桟橋を下ろす船側の所を指します。いわゆる船の玄関になります。そこには桟橋の電話ボックスから引いた外線電話や各種の警報器類、艦内放送用のマイクがあり電話番や訪問者の管理、幹部や先任海曹室のお偉方の入出艦管理、夜中の艦内巡視などがあります。1直員は0800に自衛艦旗の掲揚前日の4直員は艦首旗の掲揚3直員は日没時に自衛艦旗の降下2直員は日没時、艦首旗の降下の仕事があります。

 

当直海曹(3曹以上1曹まで)と当番(海士or若手3曹)と二人で立直します(潜水艦は一人らしい)その上には当直警衛海曹、副直士官、当直士官がいて、何かあると報告したりします。

 

 

1分隊員(砲雷科)舷門立直がメインになります。24時間を4交代で日中0800~1200(1直)1200~1600(2直)1600~2000(3直)2000~2200(4直)2200~2400(1直)2400~0200(2直)0200~0400(3直)0400~0800(4直) とに分けてそれぞれの色の時間を同じ人が立直します

上記は4直制の場合で、人の少ない護衛艦(あぶくま型など)、掃海艇などは3直制で、2000~2200は1直の当直海曹が一人で立ち、2200~2400まで1直の当番(海士)400~0200は2直当直海曹0200~0400は2直当番0400~0800は3直員(2人)で立直します。ただ内緒で、3直は0400からは当番だけで立直し、5時過ぎ頃に当直海曹を起こしに行っていました。正直、何もない静かな夜中に2人いると正直会話もないし、いる場所も狭いので一人が気楽なのです。

 

 

舷門には母港や海自所在地の港であるなら陸上から電話線を引き、桟橋の舷門装置(艦内号令を入れる艦内マイクや緊急時用のアラームのスイッチなどがある)がついているところに電話も引かれ、外部(総監部など)とも連絡が取れるようになります。寄港地などでは海自艦船用の電話線はないので舷門には電話はありません。(艦内に衛星電話がついています)

 

 

舷門立直の必需品・サイドパイプ

サイドパイプとは舷門立直の際に必需になる、号笛なのですが、普通の号笛と違い、普通に吹いても綺麗な音が出ません。普通の笛と違いよく見ると中にコルク玉が入っていません。なので、手のひらの開閉で穴を塞いだり開放したり、舌先を上手く使うことで振動音を出したりします。

 

サイドパイプは飾り結びで結び首から下げておきます。腕章は当番の腕章です。制服で立直します。

 

教育隊を出たばかりの1、2分隊の初任海士は昼休み中などに吹奏の練習を前甲板で行います。その際、兵長と呼ばれる先任の海士長の先輩、もしくはそれに近い先輩方が来て練習を見てくれます。毎年、8月頭から9月頃までの風物詩となっています。

 

そして、一人前に吹けるようになり、舷門も立つようになると実際の吹く場面で失敗すると、当然、まずそばにいる当直海曹に怒られます。そして艦内で聞いていた直属の先輩や上司が走ってきて激烈に怒られましたね(笑)!!

 

ちなみに海上自衛隊 護衛艦隊躾集で海上勤務は、『口笛禁止‼️』なのですが、その理由がサイドパイプの音色と間違えるためだとかそうじゃないとか説があります。

 

舷門のお仕事

舷門立直は、投錨中でもあります。投錨中は電話がないし、人の出入りも内火艇の発着の時だけなのですごく気楽です。夜中には制服ではなく作業服で立直します。しかし夜中には投錨している艦の位置がずれていないかを確認しなければなりません。その場合は、レピーター(航海指揮官が使うジャイロコンパスのこと)を使い、事前に航海科が書いてくれている灯台などが何度に見えているかという位置と変わっていないかを確認します。また漁船などが向かってくる時などは警告や疑問信号の汽笛を鳴らさなければならないとかもあります。(鳴らしたことはないですけど!!)

 

1.自衛艦旗の掲揚降下

2.艦首旗の掲揚降下

3.電話番、先任海曹、幹部の入出艦管理、修理業者などの出入り管理

4.司令・艦長の出入りの際のト列員(送迎)、ドアマン、

5.艦長や司令が入出艦した場合の司令・艦長不在旗のマストへの掲揚降下(航海科が艦橋いれば委託できる場合あり)

6.当直士官、副直士官、当直警衛海曹、2直当番への日没15分前の報告(自衛艦旗の降下関係者)

7.巡検後の明日の予定の艦内マイクでの示達

8.日出時の停泊灯の消灯

9.総員起こし15分前の当直・副直士官、当直警衛海曹への報告

10.分隊・課業整列、総員集合時のサイドパイプの吹奏・号令

11.火災、浸水時などの場合の警報器類の操作

12.投錨時の艦位の測定確認

 

などなど、思い出しただけでも様々な業務があります。若い海士ならこれらを自分の特技の仕事となどと並行して覚えなければなりません。こんなに覚えることがあるとやはり艦艇勤務は敬遠されてしまいますよね...

 

 

2件のコメント

  • 艦艇見学がもっと面白くなる海上自衛隊 専門用語・略語辞典
    拝見しました。

    旧海軍の連合艦隊はSFではなくGFではないでしょうか?

    • 御指摘ありがとうごさいます。
      小生が見た、学校かどっかの資料では、連合艦隊は今の自衛艦隊みたいなもの、とあったので記憶違い、勘違いしたのでしょう。直しておきますね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。