これを知ればもっと面白くなる観艦式・護衛艦見学・体験航海!!イージス艦などの最新艦なんてミーハーで面白くない!!

様々な艦型

現在、海上自衛隊にはイージス艦を始め、空母型護衛艦のいずも型やひゅうが型、あめ型、なみ型などの汎用護衛艦、あぶくま型などのDE型、掃海艇に輸送艦、補給艦など様々あります。

 

その中で、市民の方やミーハーな護衛艦マニアなどはすぐイージス艦だ、空母型護衛艦などに食いつきますが、所長に言わせればあんな艦などは外から見るだけで十分な艦です。ましてや体験航海などになると特にやることもないので面白くも何ともありません。

 

 

イージス艦などインスタ映えしない!!!!

なぜかと言われれば、護衛艦の花形である武器が少ないからです!!イージス艦は武器は少ないわけではありませんが、主砲とCIWS(高性能20㎜機関砲)しか甲板上に出てなくて(3連装短魚雷発射管、SSMはどの艦も標準装備)、あとの武器であるミサイルは全てVLSで甲板下に埋め込まれているからです。空母型護衛艦、あめ型、なみ型、つき型などの汎用護衛艦も同様です。ただ汎用の場合はヘリ搭載型でヘリがあるからまだましですね...

なので、広報中に武器の操法展示というのがあり、武器を動かしてくれるのですが、イージス艦などは主砲しかないのでつまらないわけです…。

武器が見た目にわからない搭載の仕方をしている以上、インスタ映えはしませんね。デザインはまあまあ良いですけどもね。

 

一番面白い艦型はこいつです!!

護衛艦マニアならこいつを選んでこそ真の護衛艦好きです!!

 

それは護衛艦はたかぜ型の2隻です!!

現代の護衛艦の艦橋は中心より前側にありますが、しまかぜは大和と同じようにロングノーズで艦橋は中心よりやや後ろ側についています。煙突も一本です。そして前後部に主砲の5インチ砲が1門ずつ、前部にターターランチャー(発射ミサイルはターターではなくSM-1)、大砲の後ろにはアスロックランチャー、後部にCIWSが左右に2門、その少し前にハープーン対艦ミサイルが搭載されており、武器が満載なのです。また5インチ砲は大砲の中に乗り操作することが出来る唯一の大砲です。

 

またそれだけではなく、ミサイル管制用のSPGレーダ―2個背負い式であり、SPS3次元レーダー搭載しながら、後部側には国産の対空レーダー搭載、ヘリ格納庫はありませんが、一時的な着艦、燃料補給くらいは出来る後部甲板(ヘリ発着艦塗装もある)。しかも同型艦でありながら違いがあります。それがわかれば立派な艦船マニア!

 

まさに満載!!武器満載!! 護衛艦好きならこれでしょ!! イージス艦が好きだ、イージス艦が高性能だとか言う人はただのミーハー、軽薄、流行好きなだけの人々です!!

 

体験航海ではありませんが、少し規模が大きい広報で、展示訓練というのが各地方であります。観艦式のような感じで航行し、空砲発射などもあります。そしてこの空砲発射、もはや出来るのはこの2隻のみになっています。実際には127㎜砲搭載艦でも出来るのですが、5インチ砲と127㎜砲。インチを㎜に換算するとほぼ同じ127㎜砲なので(国によりインチ砲か㎜砲かの採用が違う)、弾丸も5インチ砲の弾丸を使います。

 

昔は、はるな型しらね型などもこの人が乗り操作する5インチ砲で海自ではこれが主流でした。しかしこんごう型からオットーメラーラの127㎜砲に採用になりました。しかし弾丸はこの旧式の5インチ砲の弾を使っているのですが、たとえ換算してほぼ同じでも、若干たぶんほんの、コンマ㎜かが合わないのか、127㎜砲での空砲発射などは射撃員などは嫌がるのです。

そのため、もう他の5インチ艦が退役した今、はたかぜ型が貴重な存在なのです。しかしそのはたかぜ型も、最新イージス艦はぐろ型が就役すれば、限定的部隊防空が可能な汎用護衛艦が増えてきた部隊編成上、SM1搭載艦の役割も終わるようです...寂しいことです...

 

特に、ターターランチャーとSM1ミサイルがもう見られなくなるのです!! ターターランチャーの甲板下からミサイルが装填されるあの瞬間、たまりませんね!!

護衛艦しまかぜ 52番砲発砲

舞鶴地方隊展示訓練での護衛艦しまかぜ52番砲の空砲発射の様子です


イージス艦やいずもやかがなどいつでも見られます。もうあと何年かしか見られない、護衛艦はたかぜ型のその貴重なポジションと、武器満載のその雄姿を目に焼き付けておきたいものですね!!!! ちなみに亡国のイージスの映画版では、外観などはこんごう型が使われ、セットもこんごう型のセットを組み撮影されましたが、原作では、このはたかぜ型にイージスシステムを搭載したのが、護衛艦いそかぜなのですよ!! ま、実際のはたかぜ型の艦内ではあんな逃げ回ったり出来ませんからね❗

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。