史上最大規模の台風19号襲来 ~災害派遣部隊から学ぶ非常用品の準備~

史上最大の台風襲来

日本列島を、特に東海から以北にかけて明日から明後日に史上最大級の台風が襲来しそうです。

連日テレビでは史上最大、NASAもレベル5までしかないのに6レベルとか訳のわからんことをぬかしております…。

 

また、テレビでは連日備えてください‼️非常用品、避難用具など用意してください‼️水は…食料は…養生テープを窓に張り…ブルーシートは…

などと報道しどこかのホームセンターやスーパーマーケットを映して、買い物行くなら明日まで(金曜日のこと)に行ってください!!売り切れてます!!なんて言うもんだから、この有り様です…。 近所の西友です…。

 

そして、木曜日に、明日まで買い物行って下さい❕❕と呼び掛けた報道が成功。金曜日は朝からスーパーは行列をなし、また買い占め現場を報道、さらに客は店に向かい買い占めは横行します…。

 

不安心理を掻き立てた(書き立てた)ほうが物が売れるとはまぁよく言ったものです。

消費税増税の買いだめ、品薄がなかったかと思えばこれとは…

 

災害派遣に参加した先輩から学んだこと

所長は災害派遣に参加したことはありません。それは自分にとっては誇らしいことだと思っています。災害派遣に行ったことを誇る隊員がいたらそれは不謹慎、不幸なことです…。

緊急職、それも特に自衛隊が動くことはそれは大きな事案です。不幸に会う人も多くいます。自衛隊が出動しない世の中それこそが誇るべきことと思います。

 

大事なのは初動3日❕❕

所長は災害派遣の経験はありませんが、災害派遣の準備まではしたことがあります。最終的には災害派遣が下令されず大事には至りませんでした。

しかし、毛布、非常糧食などを積込み、待機までしていました。その時、災害派遣に行ったことある先輩が教えてくれました。

 

もし、民間人が災害にあったらどれくらいの物を何日分用意(備蓄)するべきか…!?

それは…水、食糧なら3日分です!!しかしそれは最低限レベルの3日分です。いつも3食きっちり食べる料を3日分ではないし、普通の生活時は水1日当たり一人200㍑使うとデータもありますが、最低限の飲料水の3日分です!

 

政府広報でも3日分とされています。

災害に対するご家庭での備え~これだけは準備しておこう!~ | 首相官邸ホームページ

阪神・淡路大震災や新潟県中越地震などでは、多くの方が倒れてきた家具の下敷きになって亡くなったり、大けがをしました。  大地震が発生したときには「家具は必ず倒れるもの」と考えて、転倒防止対策を講じておく必要があります。 家具が転倒しないよう、家具は壁に固定しましょう 寝室や子ども部屋には、できるだけ家具を置かないようにしましょう。 …

 

なぜ3日分なのか

災害派遣前に食糧や毛布を積み込み待機したのは災害のあったその日でした。準備は令なくできます。出動は出来ません。

そしていざ災害派遣が下令されればすぐ出港し、舞鶴から舞鶴警備区域内には20時間以内には着きます。

また、海自の根拠地は見事なバランスで設置され災害派遣の場所が何処だとしても最寄りの艦艇部隊根拠地から20時間以内には行けるでしょう。

 

時系列に並べると

災害初日(物品積込、待機)~ 下令待ち、最短で初日から2日目の午前中位までに下令されれば、3日目の午前中から午後頭には現地着で活動が開始出来るからだそうです。

 

だから初動3日分だそうです。

 

また、例えば海難救助、生き埋めなども初動3日(72時間)が勝負と云われていたりします。

だから、一般市民は3日は自力で生きる力が必要なのです。

 

しかし、テレビでスーパーの映像見ると、我先に、何人家族か知りませんが、カートにかご3つ載せてかごは満載…一体何日分買い込んでいるのでしょうか…

 

自分だけが無事に生き残ればそれでいいんでしょうか!? 他の人はどうでもいいんでしょうか!? 民度が高いと言われる日本人もなんだかんだと変わらないのです…。

 

ま、所長は別に非常食買いにいった訳でなく明日明後日生きる分の飯を買いにいったら食いつくされた状態でしたが、よく見るとまだまだ非常食になるものはありましたが、流行に流されるのも大嫌いなのできっちり最低限3日暮らせるカロリーの物を買って帰ってきました。

 

マスゴミの災害情報や避難用具や非常食糧に関する情報を信ずるより、まずは政府広報や各自治体の災害情報を確認しなければなりませんね。マスゴミはあくまでも東京近郊の情報であって、全国各地の地域に沿った情報を逐一報道しているわけではないからです❕❕ でもリテラシーのない人はマスゴミの情報が自分に向けられていると勘違いして、余計な不安を抱え、余分な買いだめに走るのでしょうね…。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。