護衛艦乗員の皆様、ご愁傷様です...三度週末に台風19号襲来です!!~令和初の観艦式も一部中止~

台風は週末かけてやってくる

正直、台風が業務が詰まっている平日に来たという記憶があまりありません。ほぼほぼ、週末、夏休み中、代休処理期間中などの休みめがけてきたという記憶しかありません。先月から台風は3つ日本に来て全て週末にかけての襲来です。

護衛艦あるあるで書きましたが、今年は台風の当たり年ではないでしょうか...

 

しかも今回の台風は、週末から来週にかけて海自の観艦式の挙行が予定されているにもかかわらず、首都圏は台風直撃です。日本や横須賀、佐世保を拠点にしている米海軍艦艇は大丈夫でしょうけど、他の各国海軍は、台風初遭遇にして、最強クラスの台風です。果たして座礁などせずに無事に観艦式を終え、帰国できることを願っていますよ。

 

もしくは、海軍軍人として、台風の荒波に敢えて突っ込み、日本海軍、海上自衛隊のように操艦訓練を実施して帰国するのもよいのではないでしょうか。海自の操艦技術は世界一とも称されています。その操艦技術の熟達の要因の一つが台風かもしれませんね!!

 

 

観艦式は一部中止の模様

本番を控えて、12、13日に予行演習を兼ねての体験航海はそうそう中止になり、Twitterでは台風に対しての恨み節などが呟かれています。10年目でやっと当選したのに中止になったとかですね...そうですね!せっかくいい機会で、海自のことを知ってもらうチャンスです。ぜひ台風の中でも当選者乗せてやってもらいたいですね。そして護衛艦乗員の苦労を知ってもらいましょう!!!!

 

でも一般の人がそんな状況の中船に乗ってもただ辛いだけですよ...海上では波が2~3mの波が出れば、普通の人はもうゲーゲーゲーゲー吐きまくりでしょうから...海上自衛隊は体験航海に当選した市民のことを考えて中止にしたのでしょうから、恨み言を言うのは止めましょう。

 

 

 

護衛艦乗員でも観艦式は稀なもの

所長は、海上自衛隊に10年在籍しまして、10年の間に日本開催の観艦式が4回、海外の国際観艦式が3回か4回ありましたが、一度も出ることがかなわず、自衛官人生をドロップアウトしました。

4回のうち2回は学生(初任海曹課程と英語課程)に入校していて船に乗っていなかったので参加できませんでした。

2回は護衛艦に乗ってはいましたが、参加艦艇の枠に入れずに普通に日本海側で過ごしていました。

 

観艦式と言えど、護衛艦や潜水艦などすべての艦艇が出れるわけではないのです!! すべての艦艇が、横須賀、実施海面である相模湾に駆けつけてしまうと、日本の防備が手薄になります。なので、参加艦艇はそうならないように、戦力の均衡を図りながら、且つ、観艦式参加部隊が質素すぎたり、華、威容の無い部隊編成にならないように、艦隊司令部は参加艦艇を決めているのでしょう。

 

しかし、週末に台風が来ても。我が家にいられる事って当たり前のことなんですが、なんて幸せで安心感のあることでしょう...護衛艦乗員の奥様、子供たち..台風で不安な時に、何かあると大変な時に、大黒柱の旦那さんがいないこと、心中お察しします...

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。