ハラハラハラスメント。会社の底辺社員に絡まれました~バカと底辺に相手にしてはいけない。盗まれた時間の損失はお金で取り返すことはできない~

事の起こり

社用車に乗り込む際に人員が満載になるタイミングで最後の一人を載せました。しかし後部座席は大人が3人座ればいっぱいです。しかも仕事道具、自分の荷物を持っています。そして所長が真ん中に動かざるを得なかったのですが、反対側にいた女子社員は動こうとしませんでした。で、自分の腰の仕事道具がそいつに当たったのですがそれでも詰めようとしなかったので、もともと問題社員で絡みたくはなかったのですが、やはりイラっと来たので『デカいけつ避けろ』と言いました。そもそも男だらけの現場仕事しか働けない女なら、男と同列に扱われても当たり前、女は社会でも男女平等を叫びますが、そういう時だけ女を出してきて武器にし、セクハラ、パワハラを言ってきました。で、他の人間にも証言者になってくださいとかヒステリーを起こしてしまいました...

 

ハラハラ・ハラスメント

もはやその社員は事あるたびにパワハラ、セクハラなどと言い、99%男の職場で浮きまくっています。これまたずっと男所帯で生きてきた上司たちは何も言えず、その結果どんどん増長していきます。

これを『ハラハラハラスメント』と命名しましょう!!

今回の所長の言動は不適切ではありますが、身体接触はなく、注意の可能性はありますが、違法性はないと判断されるべき案件です。

 

しかしあまりにもしつこく写真を撮ったり、他の同乗者に証言を頼んだり(みんなそんなこと聞こえなかったと言ってましたが(笑))してたので、落ち着いて目的を聞いてみました。

 

ハラハラハラスメント社員を問い詰めてみた

そんなことして何の得があるのか冷静になって聞いてみた。ちなみに所長は転職歴が多く慣れているので怖くはないし、副収入もある。マンションローンもあるし購入時より値段が上がっています。妻にも収入があり、副収入もあります。以前の職場では不祥事で警察に2週間取り調べされ、クビになるかもしれないという恐怖心は既に知っています。環境的に怖いもの無しなのです!!

それを伝えたうえで、裁判費用、損害賠償金の有無、金額、それらの相殺額、裁判による時間の損失、仕事休業による損失、たとえ所長がクビになっても所長の浮いた人件費が社員に還元されるわけでもないこと。など切々と説明し冷静に聞いていきました。しかし女子社員は、お金ではないという...では名誉?なら謝罪してやるよというとそいうことを言っているのではないという。お金ではない。謝罪要求でもない...この二つでないなら、では何か?!

 

本人は認めなかったが底辺層にありがちな、自分の社会階級が低くても同列もしくは少し上にいる人間を追い落として、相対的に自分が一歩優越的な位置に来たと思いたいあれです。でも実際にはピラミッドの位置は変わってないのです。

話の流れの中で、自分があまりにも余裕なので、その社員はこう言ってきました。『もう私に勝った気でいるからそんなに余裕なんですか(怒)!!』!! えっ!? 何か勝負してたかな!? そもそも人生なんて人と比べるわけでもなく、ましてや他人と勝負してるわけではないです。社会階級や年収。同窓会でよくネタになるあれですね!行ったことないけど...。年収の多い人を羨み自分もそうなりたいと努力する、嫉妬を前進のパワーに換えることはありだと思います。しかし嫉妬に狂い人を蹴落とし足を引っ張るなんて下衆の極みです。

 

でもどうやら本人は気づいてないようです。これまでの言動や行動から察するに、所長や何人かはネット副収入、資産運用などの話をしていたり、後輩のマンション購入の話などを裏で聞きつけては、そんなことするのはしょうもないとか、今のご時世マンションを買うのはバカだとか言ってたりしています。そう皆その社員を疎ましく思っているので、すぐその言動は噂として流れてきてしまうのです。そんな職場にも問題はありますが、それに気づかないほうも間抜けなのです。でも、その話を聞いて、本人も実は動画やって広告収入狙ったりしてるみたいなのです...

 

結論としては自分と他人を比べて勝った負けたを判断する自己肯定感の歪み、精神性の歪み、嫉妬を前進のパワーに変換できない歪み、負けず嫌いも前身エネルギーに変換できない...典型的な底辺層の精神性の持ち主なのでした...もうどうにもなりません...

 

 

底辺層の歪んだ精神性

正直、最近の職場はその社員のせいや、部長の上層部の指示に対するイエスマンが酷く、最近凄く殺伐としてきています。しかもその中で団結して立ち向かわなくてはならないのに、事務所では部長の指示はアホかとか出来ないとか言っているのに現場に出るとまさかの、なぜかの必死でやろうとする姿勢。且つあほくさくてやらない社員に対してもやれと言ってくる始末...さっきまでと言ってることが違いますが...で、結果、部長のアホを突っ込まなくてはならないのに、社員同士で何故かギスギスしています...

その状況で誰が得するのか!? 当然部長です!!上層部の無茶な指示でも数人の出来る人がふざけるなと言いながらもやってしまう。すると、次の無茶な指示が来る。第2第3の指示が来る。こっちは業務パツパツ...でも文句言いながらこなす人がいる...結果、部長は一人勝ち。自分の所に社員全員でまとまってこられたら嫌なはずが、下同士でギスギスしてるから誰も文句を言いに行かない...
だからと言ってその無茶ぶりをこなしている連中も評価されているかと言えばされていない。ホントに部長の手柄独り占め...

 

社会は全てそうなっています。庶民の怒りが社会の支配層に行かないように、ピラミッドの下のほう同士で争っていてもらえれば支配層の地位は安泰なのです!!もちろん支配層の人間がそう仕向けているのです。出来る社員は優遇、出来ない社員は冷遇、当たり前ですがこれで争いは起きます。下同士で。この構造に気づかないと我々庶民はいつまでもその精神性を利用され、搾取され続けます。階級は固定化し、豊かにはなりません。

 

妻は私に言いました底辺層かどうかの境目ってあるのかと。境目は年収ではなく、その精神性です。たとえ年収が少なくても精神性が健全なら、その位置の人間とは同じ会社などにいても引っ張られることはないだろうし、社会でもそんな連中の起こす問題にも合わないことでしょう。半面自分の精神性が人の不幸を喜ぶタイプならいつか自分に返ってくるし、周りもたぶんそんな同じタイプの人間ばかりでしょう...

 

『類は友を呼ぶ』ってことですかね!!

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。