船員と護衛艦乗員の違いその1 ~仕事内容・給料・休暇・福利厚生~

今まで護衛艦の生活ばかりを紹介してきましたが、では普通の民間船舶船員と何が違うのか紹介してみたいと思います。

 

民間船員

船員には職員と部員に分けられます。

  • 船舶職員
  • 船長
  • 航海士 – 甲板長を兼務することがある一等航海士は、航海士の中から選任する。
  • 機関士 – 機関長は機関士の中から選任する。
  • 通信士 – 通信長は通信士の中から選任する。
  • 部員
  • 甲板部員 – 海技免状を有しない甲板・航海関係の職務に就く船員。
  • 機関部員 – 海技免状を有しない機関関係の職務に就く船員。
  • 司厨部員 – 特定の船舶における司厨長は船舶料理士の資格所持者の中から選任する。
  • 事務部員 – 船内の庶務に従事する船員(前述のとおり船舶職員の待遇を受ける)。
  • 医務部員 – 船内の医務・衛生管理に従事する船員(前述のとおり船舶職員の待遇を受ける)。

簡単に違いを言えば、海技免状を持っている(職員)か持っていないか(部員)です。ただしどちらも大きく言って船員であります。

 

あ、ちなみに甲板と書いて、海上自衛隊では”かんぱん”と読み、民間では”こうはん”と読みます。甲板部員は”こうはんぶいん”と言います。

海上自衛隊でいうと入港作業とかロープワークをする砲雷科員ですね。

 

機関部員はそのまま護衛艦の機関科ですね。所長が再就職した船会社の配乗船の機関長は機関科ディーゼル員の曹長定年退職した方でした。

 

海自の4術校の海曹課程で船舶調理師をとれるので、フェリーに乗ってる人もいます。実際に求人では調理師免許だけでも乗れて、乗船後船舶調理師を取得できる船会社もあるようですね。

 

ホーム | 船員求人情報ネット

運輸局等の船員職業安定業務窓口や民間のの船員職業紹介機関に申し込まれた全国の船員求人情報を幅広く集め、インターネットで検索・閲覧できるシステムです。新着求人情報・求人検索・内航船・貨物船・航海士・機関士

こうして見ると意外と共通点も多く、再就職しやすいかと思いきや意外と海自やめて船にまた乗った人は少ないかもしれませんね。

 

船舶業界も日本人船員は人手不足により、今は上記の求人サイトから、海、船未経験の普通のサラリーマンからでも募集かけている会社もあるので興味ある方は参考に!(ハローワークには船員の求人はほぼ出ません)

 

また、次回詳しく紹介しますね!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。