消費税増税後の家計簿を考える。税金2%上昇分を打ち消す方法

昨日のブログでは、新聞が生活必需品として軽減税率の適用を受けたという記事を書きました。

 

本日はそれを踏まえて、消費増税後の家計を考えてみます。

 

税金が2%上昇すると家計負担は…?

我が家の家計で計算しますと、持ち家なので、家の費用以外で計算しますと、生活費の合計が116585円でした。これは8%消費税含んでいるので、これに2%上昇分を加えると、118916円となり差額2331円となりました。

たった2331円です!

以前、消費税増税前の買いだめは意味がないという記事でも書きましたが、2~3000円なら誤差の範囲、アンケートなどの簡単なネット副業で簡単に回収可能です!

しかし、もっと簡単に回収しましょう‼️

 

廃品回収になるだけの新聞購読をやめる

今はスマホで、タイムリーに、場所を選ばずニュースを見ることが出来ます。テレビ番組もデータ放送で、天気予報もアプリで見られる時代にもはや新聞はオワコンです。

ましてや、評論家でもないのに情報、意見比べるため2つ以上新聞を取っている家庭もあるでしょう。

無駄なのでとっとやめましょう‼️新聞の月定期購読料はだいたい4千円位です。新聞止めるだけであっという間に2%上昇分吸収してお釣りまで来ましたね‼️

正しく、公平、公正な報道、情報操作し正しい情報を流さない新聞などはとっととやめましょう‼️

ニュースアプリで自分の気になるニュースを設定も出来るし、新聞である必要性が全くありません。

 

消費税増税で2%上昇を気にするまえに、しっかり家計を計算し、必要、不必要を考えれば直ぐにお釣りが来ますね‼️

 

節約のため、マスゴミによる、情報洗脳、脳内汚染を防ぐためにも新聞購読を即刻やめましょう‼️

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。