老後2000万円貯めるための積み立て方法 SBI積立FXでの積立計画

ちりも積もれば山

資産運用の最も有効なのは、長期に渡り積み立てていく方法です。しかし貯金の積み立てでは以前のブログで書いたように、現在の利率では、47年間積立貯金だけなら 毎月35395円 掛金19962780円 利息47068円 課税9562円 也...です。47年間積立てても増えるのはたった4万7千円です...ちりも積もれば山と言いますが、これでは山というより低い低い丘ですね...

 

SBIの積み立てFX

FXは危ないと言われますが、SBIの積み立てFXの場合レバレッジは通貨により2倍か3倍までしかかけられないようになっています。それはレバレッジ調整が苦手な人でも簡単で危険度も低くなっています。

 

現在、所長はこのSBI FXの積み立て機能を利用し月々9000円、南アフリカランドで積立しています。現在3年を経過し、積もったスワップは現在17万円です。平均約定値が1ランド=8.0780円で保有しています。

計算上の南アフリカランド積立での年間利率はレバレッジ2倍運用で約11%あります。

退職、年金受給までの残り25年間でその積立複利効果で約2千9百万円になる予定です。あくまでも現在のまま世の中が推移すればの話ですが、何もせず、貯金だけではおそらく貯めることはかなわないと思っています。

 

それは何故か? 90年代後半からこの20年間、変わるだろうと思いながら生きてきた人もいるでしょうけど、株価は7000円から20000円にまで変動しましたが、銀行利率だけは何も変わりませんでした。それどころか、手数料だけが増え、1回の手数料は利息をはるかに超えるまでに差が開きました。ここからの20年で、銀行預金の利率がバブル期並みの3~5%なんて数字に戻ることはないでしょう。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。