海上自衛隊と海軍カレー ~海上自衛隊の艦内生活・金曜カレーの真実~

海軍カレーとは?

カレーライスの発祥自体が海軍というわけではなく、洋上生活中における脚気の予防のために栄養バランスを考え、肉、野菜を効率よく取れるメニューとして日露戦争ぐらいで採用というか開発?イギリスから伝播したとの諸説ある。ほぼ同じ材料で作る肉じゃがも東郷元帥がイギリス留学中に食べたビーフシチューを食べたいと言って、調理員が頑張って日本の材料と東郷(舞鶴or呉)鎮守府長官のために着く多のが始まりと言われます。このことから。諸説ありますがイギリスからの似たような料理と国内でカレー粉が普及し始めていたのが重なってできたのだと思います

 

金曜日はカレー曜日

現在海上自衛隊では金曜日の昼にカレーを食べて、洋上での曜日感覚をなくさないようにするためだとして、金曜日はカレー曜日なんてい言ったりしてました。昔テレビのCMでもあった気がしますね。今夜はカレー曜日とかっていう。

テレビなんかでは曜日感覚をなくさないようにと放送するように、防衛省か海自の広報部の宣伝戦略かしれませんが、実際、洋上生活で今日が金曜日だとわかってもわからなくても正直関係ありませんからね。金曜カレーで明日土曜日かとわかっても、洋上だと曜日関係なく訓練が入るので正直どうでもいいです。

艦隊勤務は月月火水木金金と言われたのは何も昔の話ではありません。現代でもそうなのです!!訓練があるないではなく、洋上にいる限りワッチが毎日毎日数時間ごとに回ってくるからです!! ワッチしかない日は海外に行く時や帰る時などの3~4週寄港がない時にコマンダーズデイ(COsday)という、疑似休日みたいなのしかありません。しつこいようですが、それでも当然ワッチはあります!

 

ワッチとは!?以前のブログはこちらです!!

海上自衛隊 艦艇勤務と生活 ~たまには昔の話でもしようか~

艦艇部隊配属後は自分の職種の仕事を覚えつつ、他にもやること、覚えることが多々あります。 …

 

カレー曜日のメニュー

カレーは市販のルーではなく、業務用のカレー粉、S&B食品とかのデカい缶の物を使っているようです。生糧品搭載時などでよく見かけます。レシピは、他のメニューと同じように調理員長の癖というか、味というか、色が出ます。カレー時のメニューはどこの艦でもほぼ決まっているのか、カレー、ゆで卵、生野菜、そしてフルーツポンチが出ていました。フルーツポンチも本格的な船だとブランデーを混ぜている船もありましたね。所長は酒が弱いので、食卓係で最後に余ったフルーツポンチを調理員に貰い食べていると顔が赤くなっていました。

 

昔は金曜日ではなかった!!

現在金曜日がカレー曜日となっていますが、実は昔は土曜日でした。週休二日制が採用される前は半ドンと呼ばれていて、僕らが小学生時、中学生の時に第2、第4土曜日が休みとなりましたね。その後90年代後半に完全週休2日制になりました。

半ドンの時にカレーになったのは、艦艇部隊では全ての乗員の業務が一段落したときに上陸許可が出ました。この時に、調理員以外の乗員は食事前には業務が終わりますが、調理員は調理とその片付けが業務なので他の乗員がそれを待つことになります。その片付けが終わるまで上陸できないので片付けの早いカレーになったのだと、Wikipediaなどでも軽く触れているものがありますが、正確ではありません!!

 

実際には調理員は調理、配膳が終わった段階で、食堂で乗員が食事中に片付けれるものは片付けていけます。最後に残るのは、配膳で使っていたバッカンなどです。調理員の片づけを待つのではなく、食卓係がすべての食器を洗い終わり、食堂の片付けを待って上陸許可が出るのです。

食卓係(シャリバンの話はこちら)

宇宙刑事シャリバン? 知られざる海上自衛隊の艦内生活 海士編 シャリバンと士官室係

艦内生活では自分の特技の仕事のほかにも色々仕事はあります。そのうちの一つが役員です。2か月ごとに役員が決められ、その仕事もこなさないといけません。 その役員の中で海士に回ってくる重要な二つの役員が士官室係と食卓係(シャリバン)です。 …

nbsp;

半ドン時代を生きた先輩たちから聞いた話ですが、半ドン時代にシャリバンをやっていて、食器を洗うのが遅いと文句を言われていたと聞きました。『お前らが食堂の片付け終わらんと上陸許可出んから早よせーやー!!』なんて風にです...。

当然こんな話はマスコミや全国放送のテレビでは流せないので、綺麗な理由として金曜日にカレーを食べるのは、曜日感覚をなくさないためだという事に落ち着いたのでしょう。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。