世の中には庶民に投資をされては困るいくつかの勢力についての考察 その1マスコミ

老後2000万円不足問題でのこと

麻生太郎財務大臣は、財務大臣就任時から一貫して、国民に投資を促しています。iDeCoにNISAの創設、そして老後2000万円不足問題の発生。それらはそこに金を流すための時間をかけた戦略だったと言っても老後に年金だけでは足りないという事はもう何年も言われていたことで、何を今更マスゴミと情報弱者たちは騒いでいるのかと思ったブロガーやネット民たちは多いと思います。

 

マスゴミは国民に投資をされては困る勢力の一つです

投資には様々な分別の方法がありますが、期間の長さの分け方で短期投資と、長期投資があります。短期投資は値上がり益(キャピタルゲイン)を積極的に狙っていくもので、長期投資はドルコスト平均法で積立てし長期にわたり主に配当益(インカムゲイン)利益を得るものを言います。

 

マスコミの報道では完全には投資否定していません。しかし一連の流れで、国民が自助努力で長期投資をし利益を得ることを推奨はしていません。記事が見つかりませんでしたが、老後2000万円不足問題で、ネット証券のiDeCoやNISAの口座開設が殺到している記事がありましたが、素人の一般市民にとり知識がない投資は失敗するだけ、投資をしないことも資産を増やす投資の一つだと意味の解らないことを書いていました。

 

半面、投資初心者にはプロが運用する投資信託から始めるのが良いとか言ってみたりして庶民に投資を進めるような記事も書いています。

 

この相反する記事から見えてくるもの...

ネット証券口座は自分で商品を調べて買う商品を自分で決めるわけですが、町の証券会社のように証券外務員から勧められた商品を買わずに済み、そのおかげで手数料が安くなっています。

 

反対に町の証券会社は、証券外務員資格を持つ営業マンが勧めてくる商品を買いがちになります。自分に知識がないこと、銀行や証券会社などの金融機関の社会的信用の高さのなせる業でしょうか...。しかし証券マンが勧めてくる商品はだいたい手数料が高い物にあっています。スポンサーとなっているネットではない証券会社への利益誘導でしょう。

 

もう一つの理由は

国民みんなが長期投資を始めると、株価などが安定してきます。積立ですと株価が安い時は沢山買えて株価下落を抑え上昇への足掛かりにもなります。高い時にはそれなりに、平均するとちょうどいい湯加減になります!!

しかし投資をさせたくない勢力である、マスコミの裏に潜む、海外大口投資家や、海外機関投資家は基本的にはキャピタルゲイン狙いのハゲタカ連中なので、株価の上下を好み、それで儲けます。投資信託でも株でも短期で買わせることにより指数は上下動を繰り返すことが多くなります。 だからおそらくマスコミは長期投資を勧める麻生財務大臣の若い時から積立しろという発言に異常に反発するのでしょう。

 

安定されたら、海外勢は儲からず、それにスポンサードされてるマスコミも儲からないわけですからね。

 

言葉巧みに、自分たちの裏にこそ海外投資家や機関投資家がいるにもかかわらず、国民に投資を促して、海外投資家などに利益供与を図っているなどと詭弁を言い、ついでに政権批判をして世論誘導して儲けようというのでしょう。

 

勝ち馬に乗るか踏みつぶされ搾り取られるか

何事も対抗勢力はいるものです。スターアライアンスに、ワンワールド、楽天ポイントにT-ポイント、ポンタポイント。どの勢力を信じて力を入れて応援し、勝ち馬に乗れるかどうかは自分の判断です。

 

麻生大臣を批判するもよし、投資をしないのもよし、短期で投資をするもよし。この考察があっているかどうかは別ですが、ただマスゴミの流す情報だけを鵜呑みにして判断することはこの世界ではもう非常に危険なことだという事は認識しなくてはならないのかもしれませんね!!

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。