海上自衛隊の護衛艦の艦種と補助艦艇

海上自衛隊の保有艦船の艦種について

イージス艦、イージス艦などとテレビやマスゴミはもてはやし、あたかも特別な艦種でエリートばかり乗艦してるみたいな感じで報道したりさえしますが、この前のブログで書いたように誰でも乗れますし特別な船でもありません。 ↓参照ブログ

 

イージス艦『はぐろ』進水 8隻目のイージス艦 ~イージス艦乗員はエリートなのか??

上がDDGあたご  下がDDGしまかぜ イージス艦は別に特殊で、普通の護衛艦よりも全ての戦闘ににおいて秀でているわけではありません。事実アメリカではほぼすべての水上艦艇はイージス艦となっています。それがもう通常となっています。 しかし、 日本における報道とミリタリーマニアたちの最新の装備を備えているというだけの浅い知識の先行が、 …

 

海上自衛隊での艦種は他と同様、日本語表記はただの護衛艦です。ミリタリーマニアの人、イージス艦が特別ではなくてがっかりさせてすいません...❕

 

しかし記号で書くと、護衛艦は三種類の表記になります

  1. DDG (Guided Missile,Destroyer) (対空戦においてミサイルで部隊防空を担う)(こんごう型、あたご型)
  2. DD   (Destoryer) (汎用護衛艦、ヘリ搭載、対潜対空水上戦闘で万能型)(むらさめ型からあきづき、あさひ型、ゆき型、きり型)
  3. DE    (Escort Destoryer) (汎用に近いが、小型のため沿岸防衛が主任務)(あぶくま型)

と表記されます。お気づきかもしれませんが略になってないですよね...?それは詳細不明です。でもこれが正しい表記なのです。

 

それぞれに充てられる任務、出来る任務、向き不向きがあります。もちろんイージス艦にも不向きがあります。

 

以前のブログでも書きましたが、イージス艦は何も特別ではなく、その戦闘システムのことを指しているだけです。

 

現代の海戦は昔のようの有視界内で大砲を撃ち合うことはありません。哨戒機と探知距離の長いレーダーで、敵潜水艦、敵水上部隊、敵航空部隊を先に探知することからスタートする。

 

(イメージ図。地球は丸いことも戦闘に影響します。図からレーダー取り付け位置は高いほうが有利。低いとレーダー波が海面反射の影響も受け水平線に跳ね返されるため。(敵レーダー波は水平線とレーダー探知距離の問題でこちらを補足できない。)

 

先に探知したら、まずは敵か味方かの判断(水上艦も航空機もIFFという敵味方の判断する電波を出せる)、高度、方位、距離を正確に把握し、攻撃に移ります。また、射程外なら敵に逆探知されないよう電波封鎖、電波妨害なども行うこともある。

 

イージス艦が優れている点はこの戦闘判断が自動で早いことです。これまでの戦闘システムの集大成なのです。ただしイージスシステムはアメリカの戦闘システムであってこれが最終形態、最高峰というわけでもなく、各国は似たようなシステムを開発しています。要は同時多目標探知、多目標対処するための探知距離の長い高性能レーダーと、敵目標の高度・距離・方位、未来位置などを計算処理するコンピューター、同時にミサイル・砲を発射・制御できる火器管制レーダーを組み合わせた戦闘システムの戦いなのです。

 

戦争の必須である継戦能力・補給艦

(写真:洋上給油中の写真)洋上給油は補給艦と並走しワイヤーの受け渡しなどで可能になります。結構緊張する作業の一つです)

(2隻の船の間で起こる波のタイミングが合うと三角波と言う合成波が発生し、甲板をさらうことがあるため命がけであります!)

 

いくらイージス艦が優れていても、補給が絶たれては戦闘に勝てないのは古代からの戦争の常識です。

海上自衛隊はその補給を可能にする補給艦を5隻保有しています。その補給能力はたぶんアジアでは右に出るものはなく、アメリカを別格にすると世界でもトップクラスで、そのおかげで長らくインド洋のテロ特措法での世界貢献に繋がったわけです。

 

その他の艦種

その他に掃海艇、掃海母艦、輸送艦、潜水艦、潜水艦救難艦、訓練支援艦などもありますが今回は軽くこの辺で終わります。まあたぶんマニアの人は今どんな艦種があるのかは、自衛隊を離れて、興味もなくなり、昔の付き合いも途切れがちになった自分よりも詳しいのではないかと思います。

 

所長は護衛艦しか乗ったことがない、というか護衛艦しか配置の無い射管員でしたので、正直あまり知らないので、面白おかしく書けないだけの話なんですけどね...。

 

他の元自衛官ブログの方みたいに、陸自の常識で海自のことを書くみたいに書いてもいいわけですが、そういうのが、例えば自衛隊は資格がいっぱい取れるとか、みんな銃持って走って匍匐前進して訓練してるのでしょ!?なんて誤解や変な都市伝説みたいになるので書かないようにしています!!

 

ではまた、来週の土日に!! 平日はファイナンスブログにて仕事します。

サラリーマンのお小遣いアップに最適~隙間時間を有効に使いましょう~

ネットはお金はお金にならないといいますが、所長はこの2年でこの2つのアンケートサイトだけで年間約25000円くらい、専業主婦の妻と合わせれば月4,5000円位て、年間約50000円の収入になっています。 姉妹サイト 底辺層、社畜根性からの脱却を図る為のマインドを変え、サラリーマンの収入アップを目指すblogはこちらから❗ 月4,5000円あれば、二人の保険なり、外食が一回か二回文になります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。