株式投資は庶民労働者に投資をさせたくない勢力の言う通り危ないのか

世の中には庶民に投資をされては困るいくつかの勢力が存在しています。

何事にも抵抗勢力はつきものです。 表題の通り、日本は資本主義国なので投資はごく当たり前のものなのですが、中には庶民、労働者に投資をされては困る勢力が存在します。 以前のブログでも書きましたが、教育委員会の設立目的(決して子供の為などではありません!) …

 

株式取引の仕組み

株式については中学生でならっているはずなので、ここでは割愛します。

証券口座を開いて実際に取引する場合を説明します。

 

現物取引

その名の通り、現にあるものを付いた値段で買うことです。10万と付いた株式を10万円で買うことです。

 

信用取引

信用とは自分の持つ何らかの社会的地位などを利用し金に替える(借りる、ローン)ことを指します。10万円と付いた株式を、自分の手持ちが10万しかないのに、100万円分の株式を買うことです。(不足90万円は証券会社から借りる形)。

 

ざっくりな説明ですが、これだけいうだけで、勘の鋭い方なら、既に、投資をさせたくない勢力の流す一つの嘘を暴けています。

 

株式は本当に危ないのか

『株で失敗して借金こさえた誰かの話』

信用取引をすれば可能性はあるかもしれませんが、半分は嘘です。なぜ半分かと言えば、現物取引なら10万円の株式を10万円で買うだけなので、例えその株が倒産などで無価値になってもゼロ円になるだけだからです。 例外は現物取引の金さえ誰かに借りてれば別ですが…。

 

株式投資の危ないという部分は、信用取引さえしなければ、危険度は半減しました。

たったこれだけの知識がないだけで、庶民労働者に投資は危ない、怖いと思わせ、投資市場に無用に入らせないようにする。

 

知識さえあれば、『幽霊の正体みたり枯れ尾花』だと簡単に見破り、無用に恐れる必要はないとわかってもらえたはずです。

 

それでもまだ、投資をさせたくない勢力・団体が牽いた見えない、終わりのない労働者というレールの上を歩かされるのか、自分の足で自分で牽くレールの上を歩くのか、選択を間違えたくはないですね…。

 

サラリーマンのお小遣いアップに最適~隙間時間を有効に使いましょう~

ネットはお金はお金にならないといいますが、所長はこの2年でこの2つのアンケートサイトだけで年間約25000円くらい、専業主婦の妻と合わせれば月4,5000円位て、年間約50000円の収入になっています。 姉妹サイト 底辺層、社畜根性からの脱却を図る為のマインドを変え、サラリーマンの収入アップを目指すblogはこちらから❗ 月4,5000円あれば、二人の保険なり、外食が一回か二回文になります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。