海上自衛隊の所在地 番外編~潜水艦部隊 呉・横須賀~

以前は海上自衛隊の所在地5回に渡り紹介しましたが、今回は潜水艦隊の所在地について紹介します。

 

潜水艦乗員の養成所・潜水艦教育訓練隊

潜水艦教育訓練隊に行くには、新入隊員教育の時に潜水艦乗員用の身体検査(全員受診)を受診し、それをクリアしなければなりません。様々な検査の中で特筆すべきは、耐圧室に入り、上がっていく空気圧の中で、耳抜きを出来るかどうか、その狭さとその空気圧の中を不安たいな精神状態にならないかを見られます。

 

潜水艦乗員用の身体検査自体は意外とクリアできる人は多いと思います。事実所長もクリアしています。しかし所長は潜水艦には行けませんでした。いきませんでした。

 

例え健康診断をクリアしたとしても、その年度の潜水艦部隊側の人員の要請の数により左右されます。あとは本人が希望する特技(マーク)の希望も関係してきます。潜水艦に乗れるマークは決まっています。攻撃では魚雷と水測だけしかありません。船務科は電測と通信,機関科はたぶん電気とディーゼルだったと思います。あとは給養ですね。専門外なので間違っていたらすいません...。

 

なので、自分の希望マークがそれに合わなければアウトになります。もしくは潜水艦の要請に合わせて希望を変えるのもありですけどもね。

潜水艦に乗るには健康診断をクリアする健康な体と強い精神がまず必要です。その次は何人の枠があるかという運が必要です。そして最後に必要なのは、その枠をえるには教育隊での成績が上位であることが必要です。所長の時は確か9人の枠がありましたが、所長は12番目でした...まあもともと射撃か射撃管制が希望でしたので良かったですけども...。

 

潜水艦教育訓練隊に入校する者は、新入隊員教育を修業し、水上艦、航空隊に皆が部隊配属になるときに、潜水艦部隊にはすぐに行かずに、教育隊の後すぐに入校し、潜水艦乗員としての基礎教育を受けたのちようやく部隊配属になります。教育機関や教育内容は...よく知りません...ある程度の予想はつくぐらいです。

 

潜水艦隊

第1潜水隊群司令部は横須賀ではなくにあります。潜水艦隊は第1潜水隊群と第2潜水隊群で構成されます。第2潜水隊群は横須賀に在籍し、第2潜水隊群司令部と潜水艦隊司令部が横須賀にあります。

 

正直言うと、水上艦乗りで、舞鶴配属ですと、潜水艦に行った同期とはなかなか会えないのでその生活などはよくわからないのです。

 

知っていることと言えば、潜水艦乗員は乗り組み手当が45%あるという事ぐらいです。あとたまに舞鶴に潜水艦が入港してくると、岸壁で一番近くに停泊している、もしくは横付けされている艦が潜水艦乗員のために、艦内のお風呂を開放することがあります。まああまり入りには来ないですけども。潜水艦艦内はたしか浴槽がなくシャワーしかないための措置だったと思います。

 

呉と横須賀では潜水艦が見えるポイントが有名ですね!!横須賀ではヴェルニー公園から対岸にちょうどよく見えますし、呉ではアレイからすこじまというポイントがあり、艦マニアたちの撮影スポットになっているため一度訪れてみてはいかがでしょうか??

サラリーマンのお小遣いアップに最適~隙間時間を有効に使いましょう~

ネットはお金はお金にならないといいますが、所長はこの2年でこの2つのアンケートサイトだけで年間約25000円くらい、専業主婦の妻と合わせれば月4,5000円位て、年間約50000円の収入になっています。 姉妹サイト 底辺層、社畜根性からの脱却を図る為のマインドを変え、サラリーマンの収入アップを目指すblogはこちらから❗ 月4,5000円あれば、二人の保険なり、外食が一回か二回文になります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。