イージス艦『はぐろ』進水 8隻目のイージス艦 ~イージス艦乗員はエリートなのか??

上がDDGあたご  下がDDGしまかぜ

 

間違った日本のイージス艦神話

イージス艦は別に特殊で、普通の護衛艦よりも全ての戦闘ににおいて秀でているわけではありません。事実アメリカではほぼすべての水上艦艇はイージス艦となっています。それがもう通常となっています。

 

しかし、日本における報道とミリタリーマニアたちの最新の装備を備えているというだけの浅い知識の先行が、一種のイージス艦神話を創り出してしまいました。イージスの名自体が神話から取ったものではありますが、不沈艦ではありません!! 昔の長門・陸奥のド級戦艦を生み出したころの不沈艦神話に似ていますね。(戦時中は大和・武蔵の存在は秘密で国民にあまり知られていませんでした)

 

衝突事故の時も高性能レーダーがついていながら、海自のエリートばかりの集めた艦がぶつかったとか批判されていましたが、それを否定したいと思います。

高性能レーダーと言えど失探します。それはレーダーの特性上、最小探知距離や最大探知距離、距離・方位分解能などに限界値というものがあるためです。そして何に対して高性能なのかという事です。

 

イージス艦と通常護衛艦の違い

簡単に言うと、違いは対空戦に置いてのレーダー性能の違い、その後の戦闘情報処理能力、目標対処数が違うだけで後はなんら変わることはありません。対潜戦でも優れているわけでもありません。それぞれの艦種にそれぞれの得意任務、付与任務があります。DDGの付与任務は部隊防空という任務です。イージス艦はその部隊防空に対して優れているだけ、というかそれが付与任務ですので優れているというのもおかしな話ですし、何に対して優秀なのかと判断するかです。敵の迫りくるミサイルに対してなのか、海外の軍艦に対してなのか、自衛隊の他の艦種に対してなのか...。

海上自衛隊の中での艦種分けは、イージス艦も上記の写真のミサイル護衛艦しまかぜも同じDDGです。(Guided Missile Destroyer )です。イージス艦だけを特別扱いはしてません。むらさめ型やあきづき型やあさひ型などの汎用型護衛艦はDD(Destroyer)です。あぶくま型はDE(Escort Destroyer)になります。

 

新型は電気推進もプラスされてるそうですが、護衛艦のほぼすべてCOGAG(コンバイン・ガス・&ガスの意味)で数隻CODOG(コンバイン・ディーゼルorガス)が存在しています。

船体の作りも、NBC戦に備えてハッチがエアロック式がであったりと特殊ではありましたが、別にエリートではないと扱えない代物でもありませんでした。※エアロック式ハッチ・・・ハッチを2重にし、艦内の空気圧を高め、化学戦や核汚染下の空気が艦内に入らないようにするシステム。

 

 

通信装置も電子線機器も、航海用レーダーは通常型と同じレーダーが付いていて航行能力もさして変わりません。!!甲板作業も洋上での防火防水訓練も、洋上給油作業なども同じです。

 

むしろ同じ作業を、小さい船は少人数でこなすのに対して、イージス艦は乗員数が多いので、逆に洋上作業や、出入港などの甲板作業も人が多くて楽でした。なので人の少ない船に比べると同じ若手海士は作業が楽なので意外と甲板作業が出来ないやつが多かったりしました。

 

 

ではイージス艦乗員はエリートなのか??

最初に言います。断言します。イージス艦乗員はエリートではありません。幹部もエリートではありません。

所長が乗艦していたころの幹部や艦長でその後に護衛艦隊司令官や自衛艦隊司令官、海幕長になったという人はいません。という事はエリートではありません。

海自の将来の要職を極めるようなエリートは、むしろイージス艦や最新艦などの忙しい船には乗らないようになっています。それは海自の幹部の昇任システムが防衛大学、幹部候補生学校を修業した席次でほぼ将来が決まっていて、かつどの職がどの席次の人が付くかほぼ決まっています。将来の海幕長などの要職をする人は護衛艦の艦長などは1隻か2隻しか艦長を経験しません。忙しい艦に乗り、事故や事件に巻き込まれてその経歴に傷をつけないための人事です。(防衛大学と一般大学卒が幹部候補生学校で一緒に勉強しますが、防大卒はⅠ課程、一般大出はⅡ課程と既に差がついている)

(昨今、イージス艦はBMD対応に追われ出港が多い)

 

ちなみにあたごの衝突時の艦長もエリートではなく、艦長職もたしか4隻目でした。普通は2,3隻艦長すると隊司令になるものなんですけど...あの時のあたご艦長は一般大卒で、所長のその前の船でも艦長でした。潮気のあるとてもいい艦長でした!(が、マスコミの報道とは裏腹にその後にトップを極めるようなエリートではありませんでした…失礼ながら…)

 

なので、イージス艦や最新艦の艦長は艦長経験豊富な少し出世街道から外れた潮気の多い幹部が多いです。でもこの辺の事情もミリタリーオタクやマスゴミの歪んだ浅い知識と間違った見識により報道されませんし、知らないでしょう。

 

乗員レベルで言えば、機関科や庶務科、給養、補給科は別にどの船でも関係なく転勤、乗艦できるのでエリートではありません機関科はガスタービンの特技があれば誰でも乗ることが出来るという事です。4分隊職域も仕事で機械は関係ないので誰でも乗ることが出来ます。航海科も同様で誰でも乗ることが出来ます。

 

特殊になるのは、射撃、魚雷、射管、電子整備(ET)、電測の特技を持つものが少し特殊になります。このマークの者はこんごう型が就役したばかりの頃から英語学生に入校し、イージスシステムを学ぶためにアメリカに留学していました。イージスシステムと一言でマスコミやマニアは言いますが、その機械類は実に沢山あります。射撃・魚雷はVLSシステム、射管・ETはFCSやSPYレーダー、CDSに分かれて米国に留学していました。

 

上記の図で言えば専修科に当たります。射管は特に多岐に渡ります。二つ、三つ専修科を出る人も珍しくありません。

この上図の専修科を出たからと言って定年まで、必ずその武器を触っているわけではありませんイージス艦の乗員がエリートと言われる由縁は上記の留学が必要な特技の人で留学した人たちが、他にそのイージス関連の専修科の技術を生かせる艦がなく、他に換えの人材も少なかったがゆえに転勤がなく、イージス艦の乗員はエリートだと言われるようになっただけのことです

 

なので、イージス艦関連専修科を出ていない海士、海曹も転勤して乗ることもありますし(いずれ留学やイージスの専修科に行くこと前提)、イージス艦関連専修科のほかに専修科を出ていればそちらに転勤することもあります。また似たような機械なら専修科を出ずとも異動はありますイージス艦関連専修科を出ているから絶対に乗るとか、他への異動が絶対ないとか言うことはありません!!

 

事実、所長が初めてイージス艦に乗った時は、射管の普通科修業したばかりの頃の海士でしたし、2回目に乗った時は何の専修科も出ていない海曹の時でした。また所長の海士課程での成績は16人中14番目でしたが、イージス艦のイージス関連マークに配属されたのは劣等生の小生でした..お陰で苦労しました...

 

特に上級海曹クラスになると、電気回路図を読み、修理するなどの技術レベルがすごいのでもはや専修科を出ているとか機械の種類とか関係なくなりますしね。表面の機械操作などは覚えれば誰でもできるものなのです。(韓国や中国海軍はこの表面での操作を出来るだけのレベルだから火器管制レーダ照射問題とかを起こしてしまうわけです....)

日本は色々なタイプの艦種があり、海洋国として必要な装備を適切に揃え、運用しています。時には専修科という教育課程を出ていなくても操作、整備運用を滞りなく恙無くやる海上自衛官自体の基礎がしっかりしていて優秀だと言えると思います。アメリカが艦種を少なくしているのは、兵隊の基礎知識、技量に開きがあるため、誰でも転勤しても同じように扱えるようにしただけのことです。

 

 

ただし個人の感情やプライドは別です!!

所長が乗った時のみょうこうは就役以来乗っている乗員、その前のシステム艦の走りである、あまつかぜからそのままイージス艦に乗っている人が多く、地方隊の一番小さいあぶくまから転勤した小生はよく、地方隊を馬鹿にされ頭に来ていたものでした。

 

個人レベルでは、イージス艦ばかりに乗っている人にはプライドが高い人が多かったように思います。やれ地方隊は楽だとか、しまかぜを休みばかりで、ひまかぜだとか揶揄する人が多かったですね。北朝鮮のミサイル対応で出港するのはみょうこうが多かったので、必然、同じ隊のしまかぜは楽に映ったものですからね..。 個人レベルで普通の専修科を出ている連中と一緒にするなと思っている人はいるでしょうね。

だからといってエリートではありません。自分で自分がエリートだと思うのはまぁ自由ですからね…

 

 

サラリーマンのお小遣いアップに最適~隙間時間を有効に使いましょう~

ネットはお金はお金にならないといいますが、所長はこの2年でこの2つのアンケートサイトだけで年間約25000円くらい、専業主婦の妻と合わせれば月4,5000円位て、年間約50000円の収入になっています。 姉妹サイト 底辺層、社畜根性からの脱却を図る為のマインドを変え、サラリーマンの収入アップを目指すblogはこちらから❗ 月4,5000円あれば、二人の保険なり、外食が一回か二回分になります。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。