海上自衛隊の術科教育 その1概要 1MSSから4MSS

海上自衛隊の職種体系

海上自衛隊の職種は多岐に渡ります。主特技(部内ではマークまたはメインマーク)と呼び、艦艇職種では、攻撃員は射撃、射管、魚雷、水測、運用、機雷・掃海船務科・航海科は航海、電測、通信、電整、気象機関科は電機、ガスタービン、ディーゼル、応急・工作、蒸気補給科・庶務科は補給、庶務、給養があります。

 

航空部隊配属にも様々な職種があります。航空機整備回転翼、固定翼、航空武器整備、航空管制など…(専門外なので省略)

 

また、艦艇でも水上艦、補助艦艇、潜水艦、掃海艇にわかれ、それぞれに乗れる職種、乗れない職種もあります。(例・射管は補助艦艇、潜水艦、掃海艇には配置武器がないので乗れないが射撃は機関砲が付いてるため配置がある)。ディーゼルマークはディーゼル艦しか乗れないとかあります。

 

また、メインマークとは別にサブマークとして、潜水(開式)、飽和潜水、EOD(水中爆発物処理)、陸上警備、特別警備、情報、英語等外国後、衛生、警務などがあります。

 

サブマークはサブなので、メインマーク取得後に学校に行き取得しますが、基本的にサブマークはない人が大半です。サブマークは希望しても適正、成績、メインマークによる縛りがあり狭き門となっています。(例、水測員は潜水サブマークは絶対に行けない。耳が命なので)

一度取得したメインマークはもう二度と変更できません。そのメインマークの職種が合わなかったら、サブマークを取得し職場を変えるしかありません。メインマークの変更、2個取得もあり得ません。

 

術科教育体系 各術科学校

200604181230000

攻撃系、船務、航海は広島県江田島市第1術科学校(1MSS),機関は横須賀の2MSS,補給、給養、庶務は舞鶴の4MSSにいきます。

3MSSは航空科の学校になり、確か千葉の下総航空基地内にあったと思います。(専門外なのですいません…)

 

術科教育期間中は、教育隊と違い、体力錬成はあまりやりません。各々のマークの教育期間中(各々マークにより長さが違う)座学、陸に下ろした本物のエンジンや大砲、レーダーなどを使ったシミュレーターを用いた実習がメインとなります。

 

所長がいた射管課程は約半年あり、魚雷や運用は約3か月と期間はまちまちです。

 

教育隊修業後、約半年から2,3年の部隊勤務の後に学校に行きます。なので、艦艇勤務後、初めての陸上生活になるので、皆、弾けます‼️ 特に1MSSは広島まで高速艇で30分、2MSSは横須賀から京急で横浜まで25分、東京品川まで55分なので、週末は皆、キャッホーです。

 

しかし、舞鶴の4MSSは…京都まで特急で2時間。なかなか遠いし、最終も早いので確実に泊まりになりますね…。

 

江田島での生活は、昔ながらの下宿屋(家の離れやお年寄りの独り暮らしの家の間借り)さんが多く、金曜日に上陸したらそこで着替えて、広島に遊びに行きました。で、土曜日夜とかに帰ってきてそこでは寝るだけの生活でした。

所長は江田島の小用港目の前のお好み焼きやさんの2階を後輩と借りていました。土曜日や日曜日の昼は下に下りてお好み焼きを焼いてもらい、2階で食べるなんていう生活スタイルでした。いや~、昭和ノスタルジーでしたね🎵

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。