老後2000万円不足を人のせいにして嘆くより、自分に何が足りないか、位置を確認し準備しよう

老後2000万不足とは

これから年金を貰う現役世代が老後に年金だけでは、いずれ生活できなくなり、人によっては年金生活の後半の余生で1200万円から2000万円足りなくなるというものだ。

なので、現在の年金受給者世帯は入っていないのです。現在の年金受給者世帯は経済的に一番恵まれてきた世代だからです。(戦後直後生まれ、高度経済成長、バブル期に働き盛り稼ぎ盛り)

 

しかし、その不足額は金融庁が、まぁ正直に平均値を公表してくれたわけだが、悲惨なのは、富裕層にはなりきれない年収750~1000万クラスの人間かもしれません。

 

彼らは底辺層、中流層ではないという自負、プライドが高く、かつ中途半端に成り上がったがゆえに、生活水準も高く、年収の割には、年収に見合った資産を築けていなく、年収1000万世帯の10世帯に一世帯、年収1000万以上の単身者に限っては45%が貯金なしというデータもあります。

 

皆さんの現在位置はどこですか??

現在の年齢、総年収と手取年収、将来のベースアップを加味した生涯年収、既婚未婚、子供の有無、数、その子供に掛ける予定の教育費、自宅購入予定費か一生賃貸住まいか、車の購入、維持費などなどに加え光熱費や食費普段の生活費数えれば多くて目眩がしそうですが、概算で計算は出来るはずです。

 

ましてやせめて普段の生活費と手取り年収さえ分かれば、ある程度予想できます。

以前のブログでも、子供の教育費を具体的な数字で示したものもあります。

 

家計簿をつけるのに簿記や、複式簿記なども必要ありません。入って出ていく金さえ分かれば出来るはずです。いや、出来ます。

 

ファイナンシャルプランナーとは

もし、出来なければ、お近くのファイナンシャルプランナーにでも相談されては如何でしょうか? 独立系ファイナンシャルプランナーであれば、そんな怪しい投資商品や保険商品を勧めてくることもないと思います。

お金の相談自体が恥ずかしいとか卑しいという人も日本人には多いですが、お金のことを知らずに騙されて、新聞やテレビに詐欺被害者として出て騙されたと吠えたり、実際に老後に困窮して孤独死する方がよほど恥ずかしいです。

 

聞くは一時の恥じ、知らぬ聞かぬは一生の損です!

 

サラリーマンのお小遣いアップに最適~隙間時間を有効に使いましょう~

ネットはお金はお金にならないといいますが、所長はこの2年でこの2つのアンケートサイトだけで年間約25000円くらい、専業主婦の妻と合わせれば月4,5000円位て、年間約50000円の収入になっています。 姉妹サイト 底辺層、社畜根性からの脱却を図る為のマインドを変え、サラリーマンの収入アップを目指すblogはこちらから❗ 月4,5000円あれば、二人の保険なり、外食が一回か二回文になります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。