資本主義社会で自己責任を否定したら終わり

紛争中のイラクやシリアに行き取っ捕まえられた怪しいフリージャーナリストや、国内の貧困層、引きこもりが起こした事件などでたびたび自己責任という言葉がでます。

 

自己責任は資本主義、自由主義の根幹

資本主義下は階級社会だと前のブログでも書きました。しかし、金持ちの子供、底辺層の子供で生まれるかで、既に不平等が始まります。

しかし、自由主義、資本主義社会ではそれらの生まれながらの不平等を無くすために様々な法律の下に平等が吟われています。

その平等はあくまでも権利であって、知らずにのほほんと努力せず、怠惰でいれば不平等をなくすことはできません。

 

 

自己責任とは自分の努力のこと

マスゴミは時には、政府、いや現・安部政権を叩きたいがために行き過ぎた自己責任を否定しますが、自己責任というのは自分の努力のことです。

 

自己研鑽の努力もしなければ、そりゃ、一生安い給料、不安定な職域、職種、ブラック企業に使い回され搾取され続けます…。

 

いくら平等を叫ぼうが法律上は既に平等なんです。進学の自由の権利を自分で使い、アホな学校に進学した。職業選択の自由の権利を使い、ブラック企業や派遣で働いてる…。

 

では、なぜ自由の権利を使い、投資や副業などをして少しずつでも収入を増やす努力(自己責任)を果たそうとしないのでしょうか…。

 

元々、人間は怠惰な生き物だからです…。

サラリーマンのお小遣いアップに最適~隙間時間を有効に使いましょう~

ネットはお金はお金にならないといいますが、所長はこの2年でこの2つのアンケートサイトだけで年間約25000円くらい、専業主婦の妻と合わせれば月4,5000円位て、年間約50000円の収入になっています。 姉妹サイト 底辺層、社畜根性からの脱却を図る為のマインドを変え、サラリーマンの収入アップを目指すblogはこちらから❗ 月4,5000円あれば、二人の保険なり、外食が一回か二回文になります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。