お金持ちの遊び方 ~行列に並ばない、祭りなどにはいかない=時間の無駄使いはしない~

会社の取引先の影響で、毎年この時期はあるイベントにほぼ強制参加させられるのですが、本研究所の研究による様々な考察、そのイベントでの人間観察の結果からある結論を導き出しました。

 

貧乏人もお金持ちも平等なのは時間だけ

富裕層の富裕層たる由縁は、ひとえに時間の使い方から始まります。底辺層も富裕層も、持てる時間は24時間という時間だけです。与えられる1日24時間という時間は平等ですが、各個人がいつ死に絶えるかという寿命時間は不平等でもあります。そこがあるから富裕層はいつ死ぬかもわからない限りある24時間を必死に、そして有意義になるかを考えて過ごすから必然的にお金も精神も豊かになっていくのだと思います。

 

底辺層が寝てる間に、遊んでる間に、TVでやってた有名な美味しい店の料理を食うために行列を並ぶ間に、時間を浪費してる間に、富裕層は時間も無駄にせず、最短距離でいくつもの物事をこなし、裕福になっていくのでしょう。

 

行列に並ばない

上記したことや、さまざな経済誌や書籍でも富裕層は行列には並ばないという研究結果があります。

理由はいくつかあります。

1.時間を無駄にしないこと

2.他人が美味しいとか言って勧めるものが、自分にも必ずしも合うかはわからないと考える、価値観の相違。

3.上記のことによる集団心理に流されることを嫌う、自分の判断基準や価値観の芯がある。

4.トラブル発生による時間の浪費のリスク回避

(富裕層が並ばないなら並んでいるのは中間層以下と推察。それらの者のモラルの低下による、割り込みや酔っ払いなど様々な迷惑行為によるストレス回避、トラブル回避、それらによる時間の浪費などのリスク回避)

 

安物買いの銭失い

正直、入場無料のイベントなので、見てるだけでも様々なトラブルがありましたね。イベントスタッフに悪態、クレーム(いちゃもん)、列の割り込みなどによるトラブル、酔っ払いによるスタッフや周囲への迷惑なトラブル行為...挙げればきりがありません。片付け時には大量のごみのポイ捨て...。富裕層が嫌う全ての要素が無料のイベントにはあります。

 

それはそうです。東京の夢の国などは入場料にパスポート代で一人1万近くかかります。現代の3~5人の家族で行けば食事代やお茶代、交通費込みすれば5~10万円が飛びます。そんなお金、我が家ではなかなか捻出できません。特別なイベントになります。でも昨日のイベントであるなら入場無料、かかるのはイベント内での屋台の食費、イベントグッズくらいのものです。

 

しかも昨日の関東地方は高温注意報だか警報だかがでて、熱中症予防のため不要な外出を控えるようにと気象庁が注意喚起していました。にもかかわらず、車いすの方、ベビーカーが必要な赤ちゃん連れ、たくさんのお年寄り、果ては人工透析、ペースメーカを入れてる人まで来ていました。でその結果がたくさんの熱中症患者の発生、救護テントは人で溢れ、数台の救急搬送…。お年寄りに子供に、赤ちゃんではなくその親が...。親が倒れて誰が赤ちゃんの命を看るんだ! イベントスタッフが見るんか⁉️ 体調管理も時間管理も子供の命の責任も、親や自己責任でしょうに...

 

富裕層ならそんな所へなんか絶対行かないでしょう! 熱中症で倒れでもしたら月曜からの仕事への影響、要らぬ医療費の発生。まさに無駄だらけです。お金持ちにとっての付加価値もない。(イベント手伝いの自分で言う...)もし付加価値があれば無料イベントでも行くでしょう❗

 

昨日の高温の中、小生の頭は非常に冷静に、時には熱中症患者を冷酷に見てました。倒れたいのはこっちだわ!!とね!!

 

以上のようなことから、富裕層は入場無料の野外でやる人ゴミ溢れる低俗なイベントや祭りには来ないものだという確信を得ました。

 

 

~エピローグ~

そういえば、所長の母親はせっかちだからだと思っていましたが、地元の大きい祭り、無料のイベント、花火大会などには決してメインとなる会場には連れて行ってくれませんでした。

親戚がうまいからと教えてくれたラーメン屋も、行列のできるうどん屋も一度は行きましたがマズイ!!て言って二度と並んだりする事ははなくなりました(笑)。(自分や家族の価値観の保持)

 

今でも帰省するといつも行く美味しい回転ずし(回転ずしと言ってもネタは高い物で600円、700円皿がある。所長の田舎は富山県です。100円寿司ではない)は夕食時を避け17時前位の混雑前に行ってたし、仕事の接待で使ってた普通のお寿司屋さんに家族で行くときは必ず予約して行ってました。そうやって考えると所長の母親が小さい会社とは言え専務まで昇進したことは不思議ではなかったのかもしれないと改めて思いました。半面まだまだ母親の背中は遠いものだと、息子は情けなさを痛感しているところでもあるわけですが...

 

サラリーマンのお小遣いアップに最適~隙間時間を有効に使いましょう~

ネットはお金はお金にならないといいますが、所長はこの2年でこの2つのアンケートサイトだけで年間約25000円くらい、専業主婦の妻と合わせれば月4,5000円位て、年間約50000円の収入になっています。 姉妹サイト 底辺層、社畜根性からの脱却を図る為のマインドを変え、サラリーマンの収入アップを目指すblogはこちらから❗ 月4,5000円あれば、二人の保険なり、外食が一回か二回文になります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。