全労働者=全員社畜ではない ではいつ人は社畜になるのか...

小生の会社では、残業や休日出勤の度に色々問題が出ます。お金が欲しいから出たい人もいれば金がもらえたとしても出たくない人、半強制のごとく声を掛けられる人、どうせ何をお願いしても出ないから最初から声をかけられない人。そしてそれぞれに不平不満が出る。

 

労使契約では管理者側に業務として強制させる力が50ある。しかし労働者にも断る権利が50ある。それを調整するのも現場監督者の能力です。

 

煽動する者と先導する者

その休日出勤、残業に関して全くでない人にも関わらず、皆で断りボイコットすればいいのだという人がいます。所長もその意見自体には賛成します。しかし問題はその先導する人が問題なのです。先導する人が真っ先に自分だけ断ったり、最初から残業、休日出勤してくれとは頼まれない人なのです。頼むといつも文句を言う人だからです。

 

そして、後日になって、あの時皆なんで断らないのよとか言ってきて、今度はみんなで断るべきだというのです...。まずその人が一度残業なり休日出勤して皆を説き伏せて先導してこそのリーダーシップです。自分だけサッサと断り、あとから人を焚きつけるのはただの煽動です。自分は責任を取らない煽動する者についていってはこちらの身だけ滅ぼされるのは明白です。まあ今のマスコミや野党がそうですよね! そしてそんな人間だからこそ、管理職にいつまで経っても上がれない人間なのです...・

 

会社でもどこでも、ついていく人間を間違えれば、こちらの身だけ焦がす結果になるのは様々な歴史が証明してくれています。気を付けたいものです。

 

 

人が社畜になる瞬間

小生が思うに、会社に勤めて、会社の言いなりで働くから人は社畜だとは言いません。

 

ではいつ労働者は社畜になるのでしょうか??

 

上記のように残業や休日出勤を強いられたからと言ってまた社畜になるわけでもありません。最初に書いたように労働者に断る権利があると言っても、会社が存続してこその労働者、命じられて業務をこなし売り上げを上げなければその宿り木の企業を失い、労働者の職と収入を失います。ですので業務命令は最終的にはこなさなければなりません

 

問題はこの後です。残業や休日出勤を強いられた時にに一言、上司に言い返す。その小さな牙を失った時、一歩社畜に近づきます。そして上司に言い返したとき、上司が言う、最後の一言、『それが嫌なら辞めればいい』という言葉に、退職するという選択肢を持つことが出来ない人間は、その瞬間に社畜と化します..。

 

嫌なら辞めればいい...この言葉はなかなかに強烈で、人の足元も見た二重三重に労働者を馬鹿にし、見下した言葉です。

会社や上司はきっとこう思っているはずです。働者の多くは家族がいて、家のローンがある。30も過ぎた。今更お前たちには再就職する所なんてない。だからうちの会社で働くしかないのだ!!この底辺労働者どもめー!!フハハハハ!!!!』

と思っているはずです。この時、簡単に、そして本当に辞めろとは言いませんが、辞めてやるという気概、牙だけは残しておかないと人は社畜です。乳牛を馬鹿にするつもりはありません(小生は以前北海道北見の乳牛牧場で働いていました)。でも乳牛でも鎖に繋がれた毎日でも、たまに放牧した時に突進してきて脱走をする牛がいます。やはり飼われていても動物、野生があるのです。

 

では社畜はどうでしょう...!?

嫌なら辞めてもいいよ。と言われ、悔しさも辞めてやるという選択肢もない労働者は乳牛以下です。野生も牙を失って、プライドもないなら永遠に会社に従属するしかありません。 そしてその社畜が多い会社は、成長します。そう大企業にではなく、ブラック企業に成長するのです。皮肉なことです...以前も言いましたが、ブラック企業が跋扈するのは企業のせいではありません。退職という最後の牙をなくした従業員、これまた全員退職という選択肢を取れない労働組合の牙の無さが、ブラック企業を誕生させ、成長させ世に跋扈させるのです...。

 

人も動物です。野生と牙をいついかなるでも研いで使えるようにしておかなければなりませんよね!!

 

 

 

サラリーマンのお小遣いアップに最適~隙間時間を有効に使いましょう~

ネットはお金はお金にならないといいますが、所長はこの2年でこの2つのアンケートサイトだけで年間約25000円くらい、専業主婦の妻と合わせれば月4,5000円位て、年間約50000円の収入になっています。 姉妹サイト 底辺層、社畜根性からの脱却を図る為のマインドを変え、サラリーマンの収入アップを目指すblogはこちらから❗ 月4,5000円あれば、二人の保険なり、外食が一回か二回文になります。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。