何事もノリとタイミング ~老後2000万円問題で見る~

最近になり、自分の選択肢がベストかベターなタイミングで選んできているな~としみじみ思うことがあります。

 

海上自衛隊を辞めたベストなタイミング

 

自分で顧みているわけではなく、人の相談を受けた時とか、自衛隊の同期に偶然会った時などにふと感じてしまいます。

 

小生が自衛隊に嫌気が差し辞めた時は、世間では、辞めて数ヵ月後にリーマンショックが起き、一時は最悪のタイミングで、辞めたことを元の同僚達は心配してくれたり、バカにしたりと賛否あったようです。不景気に自衛隊と言えど国家公務員辞めるなんてアホだとは自分でも思いましたけども...。

しかし、その頃の自衛隊はまさに今社会で問題になっている氷河期世代の人材不足が目に見えて来ていたのでした(当時は気付いてなかったけど)。

転勤で行く先々で、階級が上がっても、仕事しない出来ない大量雇用バブル世代
、欠員だらけで少ない氷河期世代。下はゆとり世代…。結果汚れ役はいつも人が少ないのに氷河期世代につけが回る…。

 

どうやらそれは今も変わらないようで、まだバブル世代が定年迎えてないから大変みたいですね。
偶然会った同期は使えない上司にゆとりでいうこと聞かない部下に、白髪が増えてましたね…。

おそらく、こういった事情もあって、元自衛官の再雇用制度が出来たのでしょう。

 

ノリとタイミング

 

また、今の職場で、よくされるのが家の購入相談です。小生は仕事には関係ないですが3級フィナンシャルプランニング技能士持っているからでしょうか。

小生は2016年春に中古マンションを買いました。思い立ってから約一カ月で買いました。スピード購入です。

理由は日銀のマイナス金利開始と、当時の借りてたマンションが町内会が厳しく賃貸者も断っても役員が回ってきましたので嫌気が差し、更新も2ヶ月後に控えていたためです。(町内会はもちろん加入届出してないのにですよ!)

 

妻も、義父も、父母もいきなりだったのでびっくりしてましたね。人生のでかい買い物を急に買うことに決めたことを。

 

相談を受けるなかで、物件情報を自分で見てみるのですが、今日久しぶりに見てビックリ…。我が家の近辺のマンション、自分が購入した頃より値上がりしてました!

マイナス金利、当時の小生の年齢、条件に合う物件の有無に値段。どれをとっても今の自分では買うことは厳しい。

買うことに迷い、一年待てば、いい物件が出るかもしれないが、ローンの借入金の査定額は減る。しかしいい物件は高い。一年で借入金減る分を貯金出来てれば問題ないけど…。

 

人によって、タイミングの取り方は人それぞれでしょう。

老後2000万円不足問題でも、口座開設が倍増していますが、開設はその一歩に過ぎず、実際に取引を行うかどうかが重要ですからね。...資産運用も貯金もやらなきゃだめだし、やろうと思ってはいるけどね、お金が余らないとか、忙しいとか...なんて言ってるうちはきっとまだリスクのある投資をしなくて済む言い訳を探しているんですよね...

 

機が熟したのか、逸したかどうかなんてのはあとづけ、後にならないとわからないことですが、タイミングに迷いがあるなら、その場のノリに任せるのもありです。勢いともいいますか。

おそらく、迷う人は永遠に、何かにつけて迷うでしょう。

『泣こかい飛ぼかい、泣こよか、ひっ飛べ❗』

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。