海上自衛隊・艦艇部隊の所在地紹介その5 青森県むつ市(大湊)

青森県むつ市(大湊)

青森県むつ市は日本で最初のひらがなの自治体です。市内は大湊、田名部、大平とそれぞれに栄えてはいますが、中心地は田名部地区となっています。

 

大湊地方総監部は唯一日本海軍では鎮守府ではなかったところが現在、時代は違えど格上げされ艦隊所在地となっています。昔は鎮守府より下の要港部、のち警備府でありました。(舞鶴も一時要港部に格下げ)また他の地区は海軍工廠だったのに大湊は工作部でした。(舞鶴も一時工作部に格下げ)。当時の主要在籍部隊は水雷団、水雷戦隊の小型水雷艇、駆逐艦などでした。

 

大湊は陸奥湾の一番奥に芦崎と呼ばれる砂洲が伸びた内側の芦崎湾内に所在しています。芦崎湾内の奥まった沿岸は海自の大湊地方総監部、補給処、航空隊が使用しております。

 

また、日本初の原子力船むつもその名にちなんでむつ市内の陸奥湾側ではない津軽海峡側の関根浜港を母港としています。(現在は原子力船ではなくディーゼル船みらいに改名)

 

群司令部がない!?

護衛艦隊を編成する4護衛隊群の司令部は他の4つの地区にあり、大湊には司令部は所在しませんが、部隊としては第3護衛隊群(舞鶴)の部隊が在籍しています。

 

他にも大湊には教育隊がありません。なので東北の太平洋側、北海道地区は新入隊員は横須賀教育隊に、東北日本海側は舞鶴教育隊に入隊します。しかし、3曹に昇任後の初任海曹教育の時には大湊地区(八戸航空基地含)の昇任者は全て舞鶴教育隊に来ます。

 

しかし逆に造修補給所には他の地区の造修補給所にはない、修理用の乾ドックがあるのです。これは海自が唯一自己管理しているドックになります。

他の地区は修理の際は近郊に旧海軍工廠の後継にあたる民間造船所があるのですが、大湊地区は長期修理の際は海を渡り函館ドック(株)まで行かねばなりません。そのためこのドックは大きな財産と言えるでしょう。

 

大湊地区に主要大型艦が少なかったのには理由があり、昔は使用岸壁の水深が浅かったのと岸壁の長さ本数が少なかったため、主要任務が津軽海峡と宗谷海峡の海峡監視であったため、小回りの効く小型DEが多く配備されていたりしていたようです。

 

大湊勤務か舞鶴勤務か

佐世保、横須賀、呉は単体の街自体も大きく、近郊には広島や横浜、博多などの街に出ようと思えば出れます。舞鶴も京都に行こうと思えば行けます。しかし大湊だけは近郊に大きな街がありません。

 

しかし、なぜか皆大湊勤務か舞鶴勤務かどっちがいいかと問われると大湊勤務と答える人が多くなります。舞鶴はとにかく不人気なのです。大湊は気候上、半年近く寒冷地手当てが出て、他の地区と比べ平地が多いからか不動産相場もかなり安く、どうやら住みやすいそうです。

 

観光、名産

ほぼ唯一の観光といえば、日本三大霊場にして、最大霊場の恐山ではないでしょうか。いたこさんも80年代、90年代のオカルトブームでも有名になりましたしね。所長も二度ほど訪れましたがいたこさんがいました。

 

名産はやはり、北方の豊かな漁場で取れる水産物、とりわけホタテは美味しく、入港するたび箱買いして実家に送っていました。

 

また、総監部目の前に広がる釜臥山には小さいながらもスキー場があり、市内の住居から一時間以内には行けるという好立地。

 

そんなこんなで、田舎でゆっきりしたい人には非常に良い勤務先なのかもしれたいですね!!

1件のピンバック

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。