海上自衛隊・艦艇部隊の所在地紹介その3・長崎県佐世保市

長崎県佐世保市

佐世保は長崎で第2の街で長崎北部の中心都市でもあります。長崎までは電車で1時間から1時間半くらいかかります。特急に乗れば博多まで1時間半から2時間。高速バスでも1時間半くらいで行けました。

 

御多分にもれず、佐世保も旧海軍の佐世保鎮守府が開かれていました。鎮守府がおかれる前までは人口も少ないいくつかの小さな村でしたが、他の港と同様海軍の力で急速に発展したようです。

所長が感じるに、他の港と同様に非常に山間に囲まれているのですが、佐世保は特に山が近く、町が文字通りすり鉢状に広がっており、富山県の田舎の大平野部育ちの所長には非常に珍しい光景でした。

 

先のブログ(海自のスポーツ編)で書いたハンドボールの合宿の時はその坂道を利用した坂道ダッシュなどやらされましたね…

立神岸壁

鎮西一の軍港・訓練の2群司令部、佐世保

現在はもうなくなっている地方隊所属の第31護衛隊所属の時、佐世保は毎年数回は行く非常になじみのある港でした。しかし佐世保には艦艇部隊用の係留岸壁は二つあり、護衛艦隊所属艦は米軍施設の中にある立神岸壁を使用し、地方隊所属艦は佐世保駅裏近くの倉島岸壁がありました。当然、舞鶴地方隊所属の我が所属艦も佐世保入港時は倉島岸壁でした。

 

よく先輩たちは、地方隊所属の田舎者は立神には入れてくれんのや!!と笑いながら皮肉を言ったものです。

 

で、なぜそういうことを言っていたかというと、立神地区には米軍が所在しているので、そのフードコートや基地内にマクドナルドなどがあり、さらに、休憩時間になると岸壁に米軍の移動販売車が船の前まで来てお菓子やピザ、ジュースなどを売りに来たのです。

 

一方の倉島岸壁には、自衛隊くさい業務隊の厚生の売店しかなく、非常に静かでした。ただ釣り好きの先輩は立神より倉島がいいと言っていました。駅も近く、町も近い。岸壁で魚釣りしていても怒られないらしい。立神はどうも禁止だったよう...

 

ハウステンボス

有名な観光地は九十九島とハウステンボス

九十九島は実際には99個以上の島々があるらしいです。そして佐世保入港時には補給で必ず九十九島せんべいが一人一箱つ貰っていたような記憶があります。なんでくれたのかはっきり覚えていませんが、よく食べていた記憶だけが残っています...

 

観光地ではありませんが、あの超名物社長が作った、ジャパネットたかたはなんと佐世保市内に凄い立派なビルに自社スタジオがあり、そこで撮影もしているという話です。

 

西日本一長いアーケード商店街・四ケ町・三ケ町

佐世保の中心街の商店街、四ケ町アーケードは日本一? 西日本一?(確か..)直線が長い商店街で、全国ではシャッター商店街が多いというのにこの街の商店街はなかなかに元気です。昔ながらのおもちゃ屋さんに、佐世保名物のレモンステーキ屋さん、佐世保バーガーのお店、長崎ちゃんぽんのお店などもあり、佐世保に入港したらとりあえず必ずここに皆行きます。

 

あと、佐世保でのタクシーあるあるで、佐世保の飲食街の中心に行きたいときは、タクシーの運転手に行先を、『とっけんの所』と言えば丁度良いところにつけてくれます。もしくは、ライオンタワー前までと言えば、四ケ町の丁度真ん中あたりの交差点近辺につけてくれます。『とっけん』は何かはいまだにわかりませんが、ライオンタワーは佐世保で有名な飲み屋さんがたくさん入ったビルの名称です。

誰か知りませんか?『とっけん』…

佐世保の美味しいもの

といえば、あごだしラーメン、佐世保バーガー、レモンステーキでしょうか。ホントに佐世保バーガーとレモンステーキのお店は多いです。行ったことある店名を挙げればきりがないです。佐世保バーガーは横須賀のネービーバーガーとは違い、戦後日本人がアメリカのバーガーを真似て作られているので日本ナイズされていて、横須賀のネービーバーガーよりも個人的には美味しいくて好きですね。京都の百貨店の物産展に一度ログキットという有名店が来たので、舞鶴にいながら先輩達とわざわざ行ったものでした。

もちろんチャンポンの名店もあります。『お栄さん』に『お富さん』。昭和の演歌の歌詞⁉️みたいですね。久しぶりだねお富さん🎵

カステラも買えるし、ビワゼリーもうまい。あご(トビウオ)のみりん干しみたいな乾物も大好きでした。

 

 

しかし、しかしながら…失礼を承知で言うと、観光で長崎に訪れたとしてもわざわざ佐世保市内に行くかと問われればいかないことがあるかもしれません。長崎市の観光財源の多さに対しての佐世保の観光はやはり旧海軍の遺産頼みになります。街の歴史の長さで長崎市には及ばないため、観光・歴史史跡などの数がやはり違います。また佐世保中心街からハウステンボスまでも結構距離があります。ハウステンボスには行っても佐世保市街地まではいかないというパターンもあると思います。事実、所長の奥方様は昔短期で福岡に住んでいたらしいのですが、ハウステンボスには一度行ったことがあるらしいです佐世保市内には立ち寄ってきていないみたいなのですから...。

 

でも、海自の水兵で佐世保に行ったことないやつはもぐりなんて若い頃は言われてましたね(笑) なんやかんやで海自の水兵にとり佐世保はやはり楽しい街でしたね。訓練終わりで寄って、休みが出ればキャッホーでしたね。先ほどは失礼を言いましたが、佐世保に入ったら逆に長崎に行く人は少なかったような気がします。何故なら福岡に行けるし、熊本にもバスが出てましたし。九州の歓楽街は福岡か熊本ですからね。

 

また所長は以前のブログで書いた、ハンドボールの合宿で3,4カ月ほど過ごしたので思い入れもたくさんありますからね。いい街でしたね❗

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。