参議院議員選挙

世紀末到来?

与党が嫌だけど、野党も嫌という人は多いでしょうけど、それで2009年は悲劇でしたね。当時内紛を繰り返した自民党に嫌気がさし、民主も嫌だが一度自民党には反省させようと民主党に投票...結果は日本壊滅的被害。震災もありまさに世紀末到来...。

 

民主も内紛を繰り返し、ほぼ野田首相が逆切れ解散総選挙。時代は明るくなりました!!

 

自分の支持するべき政党を考える

その結果、あの時わかったことが一つ。政治家に何かを完全に期待するのは筋違いなのだと。自分と全てが一致する政治家なんているわけない。なら何を持って支持政党を決めるか。

 

そう、自分の人生の最終目標を実現するために必要な環境を与えてくれる期待が持てる政党を支持すべきだということをです自分で投資をして稼ぐ自身のある人はその投資環境を良くしてくれる政党、すなわち自民党を支持すべきだし、何もしたくない何もできない関わってはいけないタイプのアホな人は共産党でも社会党でも指示すればいい。それに少し毛が生えたちょっと勘違いした自分は出来るという人は、なんちゃってリベラル系の立憲でも国民民主でも支持すればいいし、半島系なんちゃって日本人も民主系支持すればいいでしょう。

 

問題なのは与党も嫌、野党も嫌という中流層の人。まそういう人の政治嫌いは何が原因かはわかりませんがおそらくマスゴミの影響と思われます。与党が自民の時は選挙では野党を押し、民主が実際政権を取り失政を繰り返せばあれだけ支援したくせに翻って自民に世論を流す。おそらく大半の人は情報源が新聞テレビに偏っているため、この影響によりおそらく自民も嫌、民主系、共産社会系も嫌という反応を起こしていると思われます。

 

しかし、よくよく冷静に自分の生活を見てください。民主政権時に比べて少なくても収入は上がりました。仕事も出来ました。物価も上がったといううけどそれはマスゴミが言うだけで実際に家計に影響するレベルではないでしょう!? 自民党は今資本家などの金持ち優遇の政党という風潮がありますが、それもマスゴミがつけたもので、元々は地方部、農山村地域に強い中流層のための政党でした。

 

民主党政権にも支持する大企業や団体があり利益誘導はあったし、自民党にも支持大企業、団体はある。自分のお勤めに企業やその労働組合が誰を押しているかを見れば、結局自分がどちら側のほうが利を得れるかがわかるはずなのでそれを考慮すればいいだけのはずです。

 

政治や政治家に清流のような清らかさをそもそも求めるのは大間違いだということです。

 

水清ければ魚は棲まず!!

 

ですよね!!!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。