では保険に入るとしてどこの保険に入るか

3日に渡り保険加入の注意点を書いてきましたが、では結局入るとしたらどこの保険会社に加入すれば良いのでしょうか…それを考えてみます。

 

ネット保険か従来の対面販売の保険会社か

具体的にどこの会社がいいとかは言えませんが、ある程度自分で家族状況や資産状況など考慮し、いくらの保険の必要性があるかとわかる人は自分でネットで見積もりが比較サイトなどで取れるので、ご自分でネット型の保険を選ぶのが良いかと思われます。ネット型の保険は比較的に単純で、死亡いくら、医療いくらとわかりやすくなります。

 

半面、従来型の保険会社では生保レディなどがいくつかの見積もりを出してきますが、あまりにも面倒くさくていると、保険会社にとっていいような見積もりばかり出してくる可能性があります。生保レディや代理店はノルマがありますので、比較的値段の高い物を出してきます。しかも複雑で説明が難しくますますわからなくなります。なので対面販売で加入するにしても、少なくとも自分の意見と希望をしっかり言える言えるだけの最低限の希望と知識、家計の把握、高い物は高いと断るハートの強さが必要になります。

 

 

保険会社か共済か

保険会社が少し怖い方は、共済という考えもあります。全労済や国民共済、県民共済などがあります。共済事業はそもそも営利目的ではないので、必要以上の保障がついた高い物を売りつけてくるような姿勢はおそらくないと思います。ただ保険会社の商品と比べると保障額は少し見劣りするかもしれませんが、月々の保険料はネット保険と同様に安く抑えることが出来ると思います。

 

結果どこに加入するも、やはり最低限、家計の把握、家族状況、必要額の3項目は抑えて契約に臨む必要があると思います。

 

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。