老後2000万円不足問題から考える 麻生太郎の年収を批判する者たち

麻生太郎氏の年収にスポットが当たっていますが...

先に断っておきますが、これから言うことは特定の職業差別を助長しようという意図はありません。

 

世の中の仕事には様々に違いがあります。製造業から土木・建築、サービス、金融、ドライバー、清掃業、公務員、政治家、インフラ...。それぞれに大変さがあり、それぞれにより報酬に差があります。それぞれの収入の差は、単純に仕事の大変さも関係していますが、社会の資本構造にも関係しています。上から下へ下請け、孫請けになれば仕事がきつくても報酬は安くなります。

 

また学歴によっても将来就ける職業は変わってきます。公務員でも1種、2種で高卒、大卒で試験は変わります。マスコミも大卒ではないと就けないし、中卒だと、土木・建築などの肉体労働系が多くなってきます。これは所長が決めたことではなく、いつの頃からか社会の通念として根付いていることであります。もちろんその枠を超えていい所に勤めていい地位に就いた人もいるでしょう。

 

ですが大半の人は、それが当たり前だと諦めて、何も疑問に思わずに、自分の学歴や、能力にあったレベルの仕事に就いてきたのではないでしょうか。現に所長も最初に自衛隊に入隊した時は高卒なので一番きついところからスタートしましたがそれが当たり前だと思っていました。

これらのことを考えれば普通に考えても学歴も含めてその他の要件で職業に就けるかどうか選別するのは差別のような気もしますが、この国の人は学歴での差別は差別と考えてないのが不思議なところなのです。

 

日本国憲法第22条 職業選択の自由

憲法で職業選択の自由が認められています。でもそれはあくまでも選択の自由が認められているだけで、どこにも選択した職に就けるとは書いてないのです。選ぶ側の自由を認めたので、取る側にも自由があります。なので学歴や、経歴、その他の要件で入社を制限することはどうやら選別であり差別ではないようです。

 

ということでやはり、市民はみなそれぞれ自分で選んだ、誰かに強制されたわけではない職業に就いて、それにふさわしい報酬を得ているというわけです。ただその報酬額に納得いっているかどうかは別です。

 

政治家の仕事は...特別職国家公務員

政治家の仕事は、国民から預かった税金を、効率よく、必要のあるところに富を再分配することが仕事です。しかし下ばかり見るだけではだめでしょう。外務省なら外国諸国との関係、財務省・金融庁も外国の経済状況により変わる日本の経済状況の把握、防衛省も敵対性国家の動向など常に見ていなければなりません。

 

所長の同期で防衛省で勤務をしていたことがある人が居ましたが、24時間365日建物から電気が消えることはないといっていました。それらを統括する所管大臣も同様と考えます。大変だと思います。激務だと思います。

 

政治家や自衛官などは、特別職国家公務員と言って24時間365日簡単に言うと公私がありません。休みでも緊急なら出勤します。民間や仏の公務員なら休日出勤や残業手当が出ます。しかし特別職には出ません。なので特別職は休日であっても休日ではないのです。なので特別職の公務員にはあらかじめ、それらの手当分を鑑み給料が定められています。しかし単に月間40時間の残業代が入っているとかの単純なの物ではありません。

 

 

国会議員の資産公開のからくり

麻生氏追及の一番手の立憲民主党党首の枝野幸男。1年前の国会議員の資産公開の際、安倍首相1億数千万円、と公開したのに対し、枝野は100数万円と公開しました。国民民主党の代表に至っては資産ゼロでした

これは果たして正しいのか?野党党首二人の資産が底辺層より少ないわけがない。どう考えても嘘をついている。そう、与党自民党を金持ち金満政治家のイメージを植え付けるための戦略の一つです。

資産公開の際、普通預金、妻名義の自宅、マンション、不動産などは本人の資産には当たらないそうです。また有価証券も時価評価額などは加算されず。さらに虚偽の資産公開をしても罰則はありません。

これらのことにより、枝野、玉木両野党党首は制度上、嘘をついてるとは言えないが、真摯に資産公開を行っているとは言えません。
国会議員にもなって資産100数万円、ゼロなんておかしいでしょ!?

どこに住んでいるの?ほんと自宅やマンションなどがなくて議員宿舎に住んでいるとでもいうのだろうか..
どうやって選挙に出てるの?数百万円の選挙供託金どうやって払うわけでしょうか。そもそもこんな子供だましの資産公開で枝野、玉木はお金にクリーンな政治家というアピールに騙される、マスコミ&底辺市民ダンサーズが多数いるのでしょうね。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。