投資の損益 含み益と含み損、実現益と実現損 

さてさて、麻生財務大臣と金融庁の報告書の問題により、マスコミや立憲民主党などの野党、マネーリテラシーの無い方々、新聞好きな煽動民たちがしきりにこの問題騒いでいますが、こうならないように、これから投資を考えている人は気をしっかり持っていきましょう!!

 

含み益含み損

投資用語として含み損と含み益というものがあります。簡単に説明すると、今現時点で換金すると自分の投資した元本に対して損をしているか、益を出しているかを示しています。

 

例えば、自分で100万円分の現物取引をします。100万円で株価100万円の株を買いました。今日の市場での取引は株価は100万円でした。

翌日、社会不安で株価が下がり90万円になりました。するとこの時のマイナス10万円のことを含み損と言います。しかし決済しなければ何もありません。元本も減るわけではありません。そのまた翌日、株価が105万円になりました。すると前日マイナス10万円だったのが、プラス5万円になります。これを含み益といいます。だけどこれも決済しなければプラスにはなりません。

決済さえしなければプラスになってもマイナスになっても自分の元本、財布からお金が毎日出て行ったり入ってきたりするわけではありません。あくまでも現時点で決済したらいくらになるかの、見た目の、目安の損益でしかありません。

 

投資は購入したら必ず売らなければなりませんこれを決済するといいます。要するに損益を確定させることです。

 

実現益実現損

上記の105万円に株価が上がった日に現金が必要になり、決済しました。すると105万円(手数料除く)になります。100万のものを105万円で売ったわけですから当然ですよね。逆に90万円の時に慌てて焦って売ってしまいその時は90万円しか返ってきません。自分のお金は最初100万円だったのに90万円になりました。これらを実現益、実現損と言います。

決済してしまえば、これ以上増えることも減ることももうありません。ノーチャンス、ノーリスクになります。手元に現金が来ます。

 

株も他の投資商品も、物を売り買いする商売も、転売なども原理は同じです。安く買い高く売る。商売の基本中の基本ですよね。でもなぜかこれがこと投資となるとなぜかものすごく難しく考えたり、危ないものと捉えたりすることがありますが、なんてことはありません。『幽霊の正体見たり枯れ尾花』です。

 

 

ついでなのでこれらを踏まえてGPIFの年金原資を見ます

年金機構(GPIF)が国民から預かったお金を投資に回しています。なんでも批判する方々のマスゴミは国民から預かったお金を投資に回すのはけしからんという意見もあります。また2018年末にはGPIFの運用資産が過去最大のマイナス15兆円になったという非常にたくさんのけしからんという新聞記事が出てきます。でも実際は上記に当てはめるとどうなるか。これは果たして含み損なのか、実現損なのか。 含み損です!! なのでこの先大幅にプラスになるし、またマイナスにもなることもあります。

含み損含み益をわかっていない人は、実際にGPIFが年金原資を15兆円も元本から減らしたと勘違いしている人が多く、また報道する側もそう報道するほうが何かしらの利益があるのでしょう。

 

しかし実際には含み益が大きく膨らんでいる今は何も言いません。

GPIFの保有資産額は現在のところ約170兆円です。批判する方々は含み益が上がっているときには何も言わないのに含み損のマイナス額が膨らんでいる時にはこぞって批判します。それも実現損でもないのに。そして反対にまたこう言います。含み益でしょ!?今だけ儲かっていてもどうにもならん!と言います。 え!? だったら含み損も今だけなので別に騒ぐ必要もないはずではないのでしょうか!?

 

こうやって自分で投資をしてお金を知っていくと、政治や経済、マスゴミのおかしい点などが見えてきて、視点、思考が変わります。

 

今回の年金問題を詐欺だのなんだのという人も、オレオレ詐欺や、何かしらの詐欺やマスゴミ、他人に騙され借金する人は、お金に関する知識がないゆえにすぐに人に騙されるのでしょう。

ちなみに所長は別にGPIFの回し者でも与党側の回し者でもありません。ただただ、問題の本質を見極め、将来損をしないように気を付けるよう行動しようと思っているだけです。

 

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。