ネット証券を開くとしたらどこを開くか。楽天ポイントを貯めたいなら...

ネット証券比較ランキング

トップ3

ネット証券の各種のランキングで様々な評価がありますが、だいたいトツプ3に上がる名前は下記の通りです。

SBI証券

楽天証券

松井証券

カブドットコム証券

4つ挙げましたが比較サイトにより、カブドットと松井に順位の入れ替わりが見られます。

 

所長は別にSBI証券と、楽天証券の回し者ではありませんが、楽天証券とSBI証券を開設していますし、推奨だと思います。

 

楽天証券を推す理由

所長が楽天証券を選んだ理由は、楽天証券が良いから直接選んだわけではありません。偶然の導きによるものでした。ガラケー時代から利用していたEdyが楽天グループに吸収され楽天Edyになったこと、ネットバンクに選んだイーバンク銀行がこれまた楽天グループによる吸収で楽天銀行になったことによるものでした。

 

そして所長はネット通販のアマゾン派ではなく楽天市場派でした。そうすると楽天でそろえたほうが資金移動の面、楽天スーパーポイントの還元率の関係で楽天証券を選びました。

 

楽天証券のメリットは言うまでもなく、グループで使用することによるポイント還元率です。条件を満たす取引をすることによるポイント還元、楽天銀行から楽天証券口座への資金移動の無料且つポイント還元、貯まったポイントでの積立投資への利用できることです。

たまたまの偶然が重なっただけで口座を開設しましたが、かなり重点を置いて資産運用をおこなっています。

 

SBI証券を推す理由

所長はSBI証券も開設しています。理由はふとしたことでSBI銀行の口座が必要になったことでSBI銀行の口座を開設したことからと、楽天証券では扱っていなかった投資商品を購入したかったこと、資産の分散投資、分散保有の理由からです。

 

SBI証券のメリットはやはり手数料の安さではないでしょうか。その次が取扱商品の豊富さです。国内4取引所の上場銘柄からNISA、iDeCo、外国株までカバーする商品の豊富さです。これが理由で所長はSBIを開設しました。他にもSBI FX  SBI 積立FX などへも投資の範囲を広げやすいことも有利で楽だと思います。

 

SBIも銀行から証券への資金移動の楽さがあります。デメリットがあるとすればSBIポイントのシステムがよくわからないことでしょうか。

 

 

正直、2択でいい!?もしくは両方

ネット銀行の口座開設数でみてもSBI銀行と楽天銀行が鎬を削っているようなので、どちらかのネット銀行の口座を開設し保有しているなら、そのグループの証券を使うことをお勧めします。理由は上記に書いた通り資金移動の楽さとグループがそろっていることの管理のしやすさですかね。

楽天市場をよく使う人は商品の豊富さもSBIに劣らず充実してきているので間違いなく楽天証券を開設したほうがいいとは思います。

資金移動も、実際はどこのネット銀行からでも出来るのでSBI銀行の人も楽天証券へ資金移動できるし、その逆もまたしかりであります。

 

てことは、あれ!? どっちがどっちかよくわからなくなってきたから、ま、所長のように両方開いてもいいかもしれませんね!!

 

 

 

 

 

にほんブログ村 投資ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。