誰かの負債は、誰かの富

数学的にはマイナス掛けるマイナスはプラス、マイナス足すマイナスはマイナスでございます。

だけど、人間の感情や、人間関係においては、マイナスの感情、マイナスの人間関係は、本人にとってはマイナスにしかならない…。

 

類は友を呼ぶ

ヤンキーの友達はヤンキー、馬鹿の友達は馬鹿になり、ヤンキーのガキはやはり襟足が長く,色は茶色になる。

他方で、金持ちの友達はみんな金持ち、金持ちの御子息はやはり金持ちになる。

故に、中学、高校受験などでふるいにかけ、選別するのです。頭のいい子や、金持ちの子は私立や公立の良いところへ、バカや貧乏人はバカの行く高校へ。資本主義では必須な選別であります。

それは何故必要か。

答えは簡単、階層が異なるため一緒には住めないからです。

マイナス掛けるマイナスはプラスになるのは数学上のことだけであり、通常は『朱に染まれば赤くなる』だけなのが人間だと言っているのです。権力者が注意しなければならないのが、マイナス掛けるマイナスが集まり過ぎた時暴動や革命運動になったときのみ、唯一庶民にとりプラスになりうることもあることです。

 

『誰かの負債は誰かの富』

マイナスの人間にはマイナスの人間関係しかないような世界に住まわせ、富を搾取し続けていくのが現代の知識層の造り出した世界です。

よく言われるのが、日本の国家の借金は1000兆円あり、換算すると一つの家庭に700万円の借金があり、このままいくと財政破綻する、だから消費税を増税するという論調に使われます。もちろん知識のない底辺層は見事に騙されているわけです。

 

国の借金・国債とは

国家の借金はそもそも国家の借金であって、一世帯当たり700万円あるというような表現をし、あたかも国民自身が借金を背負っている形にするところが巧妙であります。その表現をすることにより国に対しての責任感をわれわれから搾取します。現在消費税増税前ですが国民の過半数を超える人が消費増税やむなしとの調査があります。

野党、またはその周辺組織、マスゴミ一体となったまさに体制ぐるみの搾取の構造です。安倍政権が景気や国民のことを考え、増税を延期するたびに彼等はこの論法を用いて与党・安倍政権を攻撃してきました。野党の民主党(現・立憲民主、国民民主)は政権取った時は怖くて増税できなかったくせにですよ..。消費増税は安倍自民党や与党政治家が企んでいることではなく共産党を除く旧民主党系左派政党その支持者、マスコミ財務省が企んでいることです。その実態は金持ちによる庶民からの搾取のためです。消費税を増税すると人知れず累進課税が緩んでいることがあります。 そしてもう一つ重要なのは、消費税10パーセントに増税を決め法案化したのは旧民主党政権です!!

現在の安倍政権が決めたことではありません!!

 

自民党は元来庶民、農民、地方支持の中道右派政党です。かたや民主党は都市部の比較的所得の高い人達の支持が厚かった党です。マスコミは何とかして自民党=金持ちのための政党としたいようですが...。 国内一の左派新聞の朝日新聞の購読層が一番平均年収が高く、民主党系の支持者が多いのです。要するに実際には世界を見ても金持ちはリベラル・中道左派に走ります(この辺のことはまたいつか。)

 

国の借金の話に戻すと、国の借金は国債といい、それを発行し買ってもらい財政の足しにしているわけです。そして買ってもらった人には利息を払っています。そして日本の国債の90%以上のほとんどを買っているのは日本人自身であります。要するに日本国は日本人自身から金を借りているわけです。アメリカや海外の国に国債は多くがその国から見ると外国人が多く買っています。所長もアメリカ国債を持っています。

ということは国民一人当たりの借金という表現は完全に間違えています。誰かの借金は誰かの富です。日本国債を保持している人にとっては債務ではなく金の成る木、債権です。買ってない人はゼロです。700万円の借金などではありません。

 

日本国政府の借金は、日本国民の借金ではなく、日本国民の富になります

日本国民一人一人が国や政府ではありません。日本国政府も企業のような擬似人格の法人のようなものと捉える必要があります。しかし財政破綻論者の左派野党やマスゴミは日本国民=日本国政府としたいようです。

 

金持ち連中はとにもかくにも、あの手この手で搾取しようとしてきます。マスコミは特に悪辣で、自分たちはあたかも庶民の味方を標榜しますが決してそんなことはありません。消費税のことだけで考えてみてもわかる通りです。マスコミが本当に庶民の味方なら与党が消費税増税を延期することを喜ぶはずです。しかし実際は、消費税増税を様々な影響を考慮し延期するという高度な政治判断を無視し、公約違反だという一点に置いてだけで政権を攻撃しているわけです。そこの裏には金持ちたちの意向が働いているわけです。

 

日本国民の多くは騙されているため、消費税増税はやむなしかもしれないが、上げて欲しいという庶民はいません。上げて欲しいと願っているのは、庶民・底辺層の味方の顔をした立憲民主党、国民民主党などの左派組織、金持ちスポンサードを受けたマスコミなどの上級国民様だけです!!

 

今年の選挙は果たしてどうなるか...

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。