海上自衛官の給料・年収・財布事情からの~♫ 住宅事情!!

海上自衛官(艦艇)と住宅

最初に入隊する、教育隊と言うところは一種の寮生活です。所長がいた舞鶴教育隊では6人部屋でベッドとロッカーがありの共同生活でした。部隊に配属され、艦艇部隊に行くと住所は総監部の所在住所になり、郵便物はそこの住所、例えば、京都府舞鶴市〇〇町〇〇番地気付・艦艇名 とすると自分の艦の自分の所に届きます。海外に居ても届きます(詳細はまた後日) ※気付の意味は知りません...

 

そして海上自衛官の艦艇乗組み員のとり職場、家はその船になります。以前も書きましたが船に帰る、帰艦と表現します。

海上自衛官だけでなく自衛官は自衛隊法で基地内居住が義務付けられています。そしてその基地内のあたるのが艦艇員にとっては船になるというわけです。基本的にはですがね..

しかしここで艦艇部隊の事情だけは特殊になります。衣食住職全て狭い艦内なのです。陸自や空自、海自の航空部隊は広い敷地の駐屯地や航空基地があります。住宅もあるとしても職場は敷地内を移動した先の別の建物にあります。食堂も別の建物、厚生施設も別。同じ敷地内にあっても衣食住職全て離れているわけです。でも艦艇部隊は狭い艦内です...。そのため暗黙の了解で独身でも外に部屋を借ります。

 

住宅ではなく下宿

下宿とは...月決めでもともと旅館業法でいうところの一カ月以上の期間でもって宿泊料を決め営業するもの。一般的には月極で部屋を間借りすることです。

 

艦艇部隊に配属され、各艦の内規にもよりますが、階級により外に部屋を借りることが出来ます。しかしあくまでも結婚するまでは艦内居住が基本ですので、住所は変更できません。所長が最初の乗組んだ船は護衛艦あぶくま型で結構小型の護衛艦でした。しかも先任海曹クラスの方々が結構緩かったのか、2等海士でも部屋を借りることが出来ました。配属されて2週間くらいは船の中で初任海士教育という船での勤務に際しての教育があるのですが、その期間が終わったら借りることが出来ました。他の船の同期は階級が1等海士になったらとか、何か月勤務したらとかの制限があったりとか様々でした。

 

でも最初に借りるのは...地区により違うと思いますが、舞鶴地区では、一人暮らしのおばあちゃんの家とか、その離れの家とか、〇〇荘とかいう風呂無しトイレ共同とかの下宿先が多く、最短でその日から入れる上記に書いた文字通り下宿屋さんが多かったです。所長も外観は完全にお化け屋敷のような、はちょっと傾いた○○荘という部屋を借りました。

 

これがまあ、ひどいものでして風呂無しトイレ共同で誰が管理しているのかわからない物件でしたね。でも安いし契約も海自の事情わかっているので早いし電気、水道も契約ないしで楽だし、とりあえずの下宿でした。それにだいたい部隊配属から1年から2年以内で術科学校に転出になるので本当に間借りのとりあえずなのです。それでも綺麗なアパート借りる同期もいましたけどね。

 

で、そういう物件は不動産にでは扱っていません!!先輩が以前住んでいたとか、出入りの保険屋の紹介とか人づてに紹介され連綿と続いていました(笑)

 

下宿からアパート

上記でも書きましたが部隊配属から1年から2年(特技により差があり)で術科学校に転勤になります。攻撃・航海船務は広島県江田島、機関は横須賀、経理調理補給は舞鶴に行きます。なので舞鶴地区の艦艇部隊の経理や調理、補給の同期などは転勤はあっても居住の移動はないのでアパートを借りていました。所長は射撃管制の特技なので半年間の江田島行きが確定なのでアパートはもったいないので、安い下宿で凌いで、学校帰りにアパートを借りるつもりでした。

それがまた、所長、まさかの2年近く学校の話が来ずでとりあえずのつもりで2年過ごしました。でも人間雨露凌げると住めば都になるんですね!!(笑)

 

そしてここで艦艇部隊の乗り組み手当が役に立ちます。手当が階級にもよりますが、だいたい海士の平均で7万円ぐらいなのでちょうどいい住戸費になるのです。なので若いうちは乗り組み手当=家賃(住宅手当)みたいな感じになります。

 

ちなみにアパートに住もうが汚い古い下宿屋さんに住もうが、独身の間は海自では全て下宿と呼称します!!

 

官舎

昔はよく国家公務員の官舎が安すぎるとかでマスコミの批判の対象にされた時代もありましたが。基本的には独身で海士では官舎を借りることはできません。感謝を借りるには経理の人に相談して..云々...かんぬん..詳しく知りません、すいません...ただ転勤の多い幹部自衛官は独身でも借りることはできます。地区の官舎の空き状況にもよると思いますが...。

 

隊舎

艦艇部隊での艦内居住は困難であるのに加え、潜水艦部隊ではさらに艦内居住は困難であります。しかも潜水艦乗員はかなりの過酷な生活のため海自では潜水艦部隊にはかなりの厚生の充実を図っています。海自の潜水艦部隊の在所である広島県呉市と神奈川県横須賀には潜水艦乗員用の専用隊舎(一人部屋のワンルームアパート)が自衛隊施設敷地内にあります。呉に至ってはそのアパートの屋上に大浴場があり呉軍港内を一望できる風呂好きにはたまらない風呂があります(縁あって何度かいきました)。ただその入居条件は良く知りません。

 

航空部隊の隊舎は2~3人部屋でもパーテーションで仕切られ住居費もなく、車の使用、施設内への乗り入れなどでも恵まれています。

 

なので水上艦艇乗組員からすると、その厚生の差は歴然としているため嫉妬していました。水上艦艇部隊員が感じる厚生の差は、海上自衛隊なのに水上艦艇部隊員には一番冷たく感じるのです。だから昔から海上自衛隊の水上艦職種は不人気極まりなく、いつも人員不足です。

 

海上自衛隊の主力部隊は一体何なのかということです。海上自衛隊が海上を名乗る以上艦艇部隊が主力なのです。確かに航空支援がないと現代の海戦では戦争になりませんが、艦艇部隊がなく航空部隊だけなら航空自衛隊と変わりません。艦艇部隊には乗り組み手当を払っているからあとは好きにせい!ではそりゃ艦艇乗組員のなり手がいなくなるのも無理はありませんよね。

 

最後は少しそれましたが、海自の住宅事情の話でした。

 

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。