情報操作による洗脳

先入観も洗脳の一つ

多くの日本人は投資はギャンブル、株は危ないと叩き込まれてきました。どこの誰の話かもわからないのに投資で借金をしましたという話を、おとぎ話の次に多く聞かされたのではないかというくらい聞かされてきました。そうやって徐々に社会の上層階の連中は我々下々の者たちを巧妙に労働に向かわせているのです。

 

情報の流れを読む

普通に暮らしている分には、資本家や政治家などの上層部の人間がそんな下々のことを考えて洗脳しようとしているとかどうかなんてうかがい知ることが出来ません。マスゴミがそもそも在日系の人間に占拠・洗脳されているというのも真相はわかりません。しかし真相に近いとこまでのことはよくよく観察すればわかります。

 

『世の中を飛び交っている情報ってものには必ずベクトルが掛かっている。つまり誘導しようとしていたり、願望が含まれていたり、その情報の発信者の利益を図る方向性が付加されている。それを差し引いてみればより本当の事実関係に近いものが見えてくる。』  

銀河英雄伝説・バグダッシュ中佐

 

マスコミが在日に支配されていると云う噂も、10年ぐらい前のマスコミ各社の韓流ブームの仕掛けと、それに乗っかった企業とその後の成長と繁栄を見れば、その業界に入らずともある程度の予想はつくはずです。

 

教育の場に戻り..

株は危ない、投資は危ないという情報を遡って考えてみる。子供の学校教育の場までそれを流してくるということは相当大きい権力を持った連中です。もし子供が洗脳されずに皆が投資家を目指すようになると日本はどうなるか。生産に従事する人はいなくなり、需要(消費)と供給(生産)が成り立たず日本の資本主義は崩壊、現在ウハウハなな暮らしをしている資本家や投資家、政治家は飯が食えなくなるでしょう。そうならないために義務教育の場まで株は危ない、投資は危険と洗脳するわけです。

 

子供の憧れの職業の一位がyoutuberになったとの報道の時、マスコミは一生懸命、懸念を示し、何とかして昔のように、電車の運転士や警察などの普通の職業が憧れの職業になるように涙ぐましく報道していました。マスコミも所詮、何かを生産しているわけではなく、物を生産し利益を生み出す企業のスポンサードで成り立っているわけですから、子供達全てにyoutuberになられたら困るわけです。また、youtubeなどのSNSサービスはテレビや新聞にとり脅威となるカウンターの情報源ですからね。youtubeで飯が食えますなんて2重で認めることが出来ないわけです。

 

信じるか信じないか、投資や副収入のために一歩踏み出すかは皆様次第ですが、たぶん大丈夫ですね!!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。