労働搾取とやりがい搾取~労奴解放宣言!~

どうも、労働奴隷、略して労奴、労奴解放運動活動家の虎舞竜です(笑)。日々ロックな生き方を模索、研究中です。

 

まずは気づくこと

現在、小生が本職として勤めている外資系会社なんですが、日本人課長がイエスマンなため、業務がどんどん増えてきます。しかしその反面、混じって仕事をしている外国人(本部のある国の人間)達は単純労働がなくなり気軽そうに仕事している。

ま、それは経営者たる主使役者は日本人ではないので仕方ないし気にしてません。課長も取締役でないので、課長といえど、我々一般社員と同じいわば日本人雇われ側です。

ただ気になるのは一緒に働く日本人サイドです。課長が上から持ってきた仕事に対して、ふざけんな、面倒くさい、人が足りないと事務所で、陰日向に言っておきながら、いざ現場に出るとなんだかんだと本部所在国の外国人より高いレベルで滞りなくこなしてしまいます…。

え…?それの何が問題かって?

それがわからない方は一生労奴確定でしょう…。

結論からいうと、課長だけが使役者側から誉められて、かつ更にまたくだらない仕事を課長はイエスマンで引き受けてきて回されることになるからです。

 

搾取の連鎖

課長を追いやりたい気持ちもわからなくもないですが、課長が安請け合いした仕事を難なくこなせば使役者側の要求は上がり、また課長に仕事をふり→安請け合い→難なくこなす→課長だけ誉められる…。完全に悪循環の労働力搾取です…。

 

敵の正体がわからなければ、戦いようがありません。しかしわからないならいいんですが、完全に敵を見誤っている社員がいるのです。

どういうことか…。

 

事務所で皆で、ふざけんな、面倒くさい、出来ないと言っておきながら現場に出ると、もうモチベーションがなく適当にやってる同僚や先輩を貶すわけです。あいつは英語が喋れない、あいつは仕事が出来ないとマウンティングしてきて、更に自分がさも仕事が出来るようにアピールするわけです。でも課長の言う事には反発する。反発するのに仕事はこなす上にハードルを上げようとする。もう支離滅裂です。過程はどうあれ、結果そいつらは課長に手を貸してるわけです‼️ でも気付いてない…。

 

日本人は教育水準も民度も高く労働するのが当たり前になっています。そしてなんやかんやと仕事をしてしまうよう仕向けられ、難なくこなしてしまいます。日本人の仕事はしなければならないという倫理観、道徳心を利用した、やりがい搾取です。

 

労働力搾取・やりがい搾取

小生の所に現役自衛官の同期や後輩、職場の若者たちが相談に来ます。ストレス溜まってます。ではなぜ溜まるのか。それは真面目で真っすぐで戦う相手が見えていないからです。

小生も今このブログでは適当にやればいいと書いてますが、昔、現役自衛官の時は相当働いてました(あくまで自己評価)、他人を貶してました…。働いている自分に酔ってました…。自分がいないとこの船の大砲は撃てないだろ⁉て思ってました…。でもそんなことは全て幻でした!!自分が居なくても大砲の弾は出るし、組織は動く、小生なんか辞めても変わりはいくらでもいる。労奴の代わりなんて幾らでもいるのです!!

こんな言葉に簡単に騙されるのです!『君しかいない!!君にしかできない!!あいつには出来ない、俺には出来る!!』 いや、誰でもできますよ!!実際は!!

 

なのでいくら泣こうが喚こうが、課長や同僚を貶めて、自分は出来る部類の人間だとアピッたところで戦うべき喧嘩相手を見誤っては真の勝利は見えてきません。ストレスからは永遠に解放されません。それをわからずに自衛隊を辞めた小生は、3,4年苦しみました…。

 

真の敵を見極める

労働奴隷同士足の引っ張りあいをして喜ぶのは経営側です。でも仕事は確かにしなければ、企業が倒れて社員は元もこもありません。

だから労働者側も考えなければなりません。組織に損失を与えてしまい潰れないように、最低限の仕事をこなし、給与だけを取り返す(逆搾取)する方法を。

それなのにどれだけ他の同僚より出来る、同僚達は英語も喋れない、仕事ができないと貶しながら、自分だけが働いた気になっているのは、釈迦の手のひらの孫悟空です…。そんなことをしてもわが社では給料が上がるわけでも立場が上がるわけでもないのに…。利用されてるだけです…。もしくは本当に仕事が好きなのか。いや、俺、私仕事できますよ、やってますよという自分の姿がカッコいいと勘違いしているかもしくは、自分がいないとこの職場成り立っていかないと本気で思っているかのどちらか、その両方かでしょう…。

 

課長に対してもそうです。課長のことが気に入らないなら、課長を行き詰まらせる方法は、課長が安請け合いして持ってきた仕事を難なくやらないことです。組織に損失を出さないように、かつ課長だけが上層部に褒められないように、仕事を最低限度でとどめる。もしくは致命的にならない程度にミスをし課長を上層部から怒られるように仕向けるかです。

 

真の敵は課長なんかではありません。こういうと小生の職場の人間はおまえは課長派か!て大半が言うかもしれません。そう思うなら思えばいいがそれでは先も書きましたが一生労奴です。現課長を倒して新課長に今の同僚たちの誰かがなっても同じだからです。そうじゃないと思う人間がいるなら自分でやるべきです。でも我が職場ではそんな人間はいません。うすうす気づいているはずです。自分がやっても外人には逆らえないと…。そもそも使役者の命令には逆らえないようになっているのが日本のいや世界の労働法だからです。資本主義は労働者からの搾取で成り立っているからです。

まあ、もともとそういう社会構造を理解できない、理解しようともしない底辺層出身の人も大勢いるので世の中は面白くもあり、成り立っているわけでもあるので、皆が皆気づいてしまうと困るところもありますけどもね。

 

労奴解放宣言!!

労奴から解放され、勝利を手にするためには、一歩引いて周りを見渡し、人を観察し、世界を見ることです。投資をすることは非常に良いと思われます。なぜか。株を買うことは即ち経営者側になることを意味します。たとえ少額でも。そうすれば如何にこの社会構造が労働者から搾取する仕組みになっているかわかります。配当金を得て収入源を労働だけに頼らなくてもいいようになればさらに視野が広がるでしょう。

 

おそらく小生のブログや、似たようなブログを検索ワードで探してたどり着く人にはきっと理解しあえると思っています。同じような悩みを抱えていないとそういう検索ワードを入れないと思うからです。

 

相当な資産に余裕がなければ、労働者から完全解放はされませんが、搾取の構造に気づければ、防ぐことが出来ます。収入を増やすことも可能でしょう。そもそも労使の関係はフィフティフィフティです。のらりくらりと適当にこなし副収入を増やし、労働は他人を貶し自分は仕事できる人間ですってアピる奴に任せて、我々は早期にセミリタイヤしストレスなく生きていくことをここに宣言しましょう!!!

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代セミリタイア生活へ
にほんブログ村

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。