海上自衛隊の艦内生活 ~海の法律では船内・艦内の飲酒は法律違反ではない!!~

—帝国海軍と海上自衛隊—

明治維新後海軍が創設され、東郷平八郎をはじめ数多の海軍士官がイギリスに留学し学び、帝国海軍はイギリス海軍を見習うように組織されました(陸軍はプロイセン=どちらも当時最大の海軍国と陸軍国の代表格)。時は流れ、大艦巨砲主義も終わり、アメリカに占領され、アメリカ海軍を見習い海上自衛隊が創設されました。

 

イギリス海軍はスマートさと伝統や格式を重んじる教育、かたやアメリカは合理性を重視する教育。最初、イギリス式で健軍された帝国海軍は、戦後解体されアメリカ式になりました。しかし海上自衛隊創設にかかわったのは結局イギリス式で育った旧海軍軍人たちでした。でも仕方ありません。0から士官だけでなく兵隊も育てるなど何年もかかります。時は朝鮮戦争から東西冷戦時代そんなに時間はかけれませんでした。

 

結果イギリス式教育の旧海軍軍人たちはアメリカ式に創設された海上自衛隊の中に自分たちのプライドの高さゆえに旧海軍の伝統を残してしまいました…。こうして海上自衛隊は『伝統墨守・唯我独尊』と揶揄されるようになりました…。(帝国海軍軍人のプライドが高かったのは、海軍士官学校は旧制の学歴では東大・京大と並ぶ扱いでした。しかし戦後の学制の変更で学歴の効力を失いました…。(短大卒扱い))

 

—酒保・艦内での飲酒について—

イギリス海軍は昔も今も艦内でお酒を嗜んでいるみたいです。ヨーロッパ各国の海軍もワインなどの艦内での飲酒が認められているようです。(当然ワッチの人間は禁止)

半面、アメリカ海軍は艦内飲酒は厳禁のようです。

戦前の帝国海軍も艦内には酒保という物があり、文字通り酒を保管し、艦内で飲酒をしていました。それが伝統でした。しかし戦後アメリカ式になり、艦内飲酒は禁止になりましたが、伝統は残り、隠然と長い間艦内での飲酒がありました。しかしそれも小生が入隊した1998年から2000年くらいにかけ艦内での飲酒によるいじめなどで自殺者が出て完全に撲滅されました。

海外派遣の際にお土産で買ったお酒は一か所の倉庫に集められ誰が買ったか登録し鍵をかけ帰国まで保管などの対応をするようになりました。

 

しかしここで一つ言わなければいけないことがあります。艦内での飲酒は違法かどうかなのですが、海の法律的には違法ではありません!!ただし艦橋ワッチや機関部で運航にかかわるワッチの人間がその時間に酒が検出されるのは違法になります。民間船でも同様です。漁船でも、釣り船でも同様です。船内・艦内での乗員の飲酒自体は法律違反ではありません!!なので民間の外航船などには酒の自販機などもありますし持ち込んでもいいし補給品でも仕入れています。しかも海の警察である海上保安庁の大型巡視船にすらお酒の自販機があるのですからね!!

また民間の商船はワッチの時間を逆算し酒が抜ける時間を空け、食事の時間にお酒を嗜んでいます。要するに海上自衛隊が艦内飲酒を禁止しているのはあくまでも内規であって、各海上法規上類で禁止されてるわけではないのでそもそも外部の海上法令などを知らない連中が感情論と陸の常識論で語ることがおかしいのです!!

 

現在も艦内には酒保というものは残っていますが、現在の酒保はお酒の保管ではなく、生活物資やたばこなどの嗜好品、お菓子などの手持ちが長期行動でなくなった時に買えるちょっとした売店になっています。そう単語だけが残っているのです。伝統墨守の組織ですから!!しかし、広報などで艦内を公開した時に、酒保の字を見たらどう思うでしょうか? 酒保…。酒の保管庫…。艦内で飲酒してる!!(違法ではないけどね!!)てなりますよね⁉ (しつこく言いますが艦内での飲酒は海上法規集では違法ではありません!!

 

あたごの衝突事故の時は既に海上自衛隊から艦内飲酒は撲滅されていました。しかし未だに上記の伝統墨守の組織のせいで酒保という言葉は残り、表面をかじっただけのマニアックなオタク連中や、揚げ足取りしか能のないマスコミ連中は上記のような内情を知らず、海自から艦内飲酒が撲滅されたことを知らずに定年した旧海軍出身の元海上自衛官に金を払い艦内飲酒はあると証言させ、艦内公開されたときに酒保という文字だけ写真に撮り、外部に流布する。艦内に酒保管庫があった=酒飲んでると報道するのです。そして船内での飲酒自体を禁止していない海上法規集の規定は当然報道しません!!

 

そうやって、上記のようなことから、伝統墨守の組織風土、マスコミの報道手法、日本人の感情論が動きあの時、あたごの衝突時に乗員は飲酒、酒盛りしていたなどと誤報を流し続けたわけですね。

 

海上法規集や洋上でのしきたり、海上自衛隊の伝統、教育、躾を知らない普通の陸で働く一般人、オタクやマニア、マスコミには絶対に見えないし分からないものが、体験してきた者達にはあるのです!!

 

 

にほんブログ村 その他日記ブログ 公務員日記へ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他日記ブログへ
にほんブログ村

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。