誰も教えてくれない年金の話 ~年金定期便が来ました~ 誰も教えてくれないシリーズ第2弾

—年金の種類—

日本国籍を有する者が加入する年金には様々な種類があります。自営業者などが入る国民年金、会社員が加入する厚生年金、公務員が加入する共済年金(現公務員厚生年金)があります。

 

また掛金のかけ方の違いでも種類があります。

現在の日本は賦課方式です。賦課方式とは、働いている現役世代が納めた年金保険料が、現在受給中の年金生活者が受け取る方式です。賦課方式は人口構成ピラミッドが高齢者から0歳児まで綺麗なピラミッドを形成していれば、現役世代の負担が軽減され、互いが支えあうのが表面上好きな日本人向きと言えますが、現在のような少子化により逆三角のピラミッドでは、一転して保険料の高騰、下の世代になればなるほど受給額が減る制度です。それもそのはず賦課方式を採用した時は、高度経済成長、ベビーブームなどに沸き綺麗な人口構成ピラミッドを形成しお金が余っていた時代のものだからです。

他方欧米に多いと言われる積立方式とは、自分で納めた年金保険料が積み立てられ将来的には自分で受け取る方式のことです。ただし、日本のiDeCO(確定拠出型年金)は積立型です。
積立方式はいわば自己責任で、自分で納めた保険料は、将来自分でもらうものですから、将来心配なら納める、自分の将来に無責任なら納めなくてもいいシステムです。

 

—標準報酬月額—

標準報酬月額とは年金の掛け金を徴収するために給与所得者の貰っている月々の金額の標準的な給与の金額です。

年金の月々の掛金の額は給与支給額の%で決まっていますが、毎回計算はしません。年間分の標準報酬月額は4月から6月の総支給額の平均で決まります。ということは、4月から6月の働き方を考えて、あまり残業や休日出勤などで総支給額を増やさないことで実は少し節約できます。標準報酬月額が4月から6月の平均で28万円と出たのに、8月に休みすぎて総支給が24万円だとしても28万円で計算した%で引かれるので大幅に手取りが減ることになります。

 

—20歳以下会社員は大損!!—

国民年金の加入義務年齢は20歳からですが、中卒、高卒の15歳、18歳で厚生年金加入事業所で働きだすと制度上、年金に加入します。

しかしここで矛盾が発生します。国民年金の加入は20歳からなのに。会社員になると自動で加入します。たいていの人はこの場合こう考えるのではないでしょうか。長い期間加入するから年金額が増えるのではないかと。

しかし残念ながら答えは違います。さすが頭のいい奴らが考えた制度です。15歳、18歳で会社員になり厚生年金に加入した人は年金料は納めこそすれ、しかし将来貰う年金額に20歳未満分の納付額は加味されません。納め損です。ただし加入期間には計算されるので人よりも早く受給資格期間を満たすことが出来ます(たいして得にもなりませんが…)。

 

中卒高卒で労働者になる人は、まあ小生もそうですが学のない人、不良などが多いわけでしょうがないですね。 特に中卒不良君たちは頭のいい子たちをさんざんバカにしてたわけだから、頭のいい連中の労働者への搾取は、ある意味学生時代に不良君たちにいじめられた頭のいい子たちによるその意趣返しでもあるわけですね。

 

—年金加入率低下のマスコミ報道のウソ—

報道などで年金の納付率が60%、未納率が40%、このままだと日本の年金制度は破綻するとよく報道されていました。それを聞くと国民の4割が年金料を払っていないと錯覚する人が多かったですが、実は違います。

 

国民年金加入するのは全員なのですが会社員や会社員の妻は会社が厚生年金(厚生年金は国民年金と厚生年金の2階建て)の加入手続きをします(2号、3号)。なので会社員は未納になることはほぼありません。あるのは会社自体が社員に内緒で厚生年金に加入していないブラック企業のみです。それも年金定期便をしっかり加入していれば防げるはずですけど。

 

報道の納付率60%というのは国民年金にしか加入しない1号被保険者のことです。自営業、学生、農業従事者などです。実際には厚労省のHPの資料の解読によると実際の未納者は3%くらいだという。マスコミの言葉のマジックのせいですね。未加入者と、免除、猶予された人を同一に未納者と位置づけ報道し国民の4割が未納という印象操作をやってのけているわけです。

 

その裏には何があるかは予想ですが、政府を叩きたいマスコミの心と、年金が破綻するなら自分で民間の年金保険にでも加入させようという保険会社や金融会社のスポンサードの意向もあるでしょう。

 

何にせよ保険にしろ、年金にしろ知らないまま大人になり何となく支払い(搾取され)過ごしていますが、まあなかなか壁は厚いですね。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。